北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

楽しそうにワックスキャンドルを作る子どもら

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや観光客らが楽しそうにキャンドル作りに励んだ。

 シーニックバイウェイ北海道「函館・大沼・噴火湾ルート」と連携した活動として2006年度から実施し、今年で15年目。今年度は函館市、北斗市、七飯町、森町、八雲町の2市3町で、過去最多となる13カ所の観光地や公園、国道沿いなどに計6000個のキャンドルを設置する。

 この日の体験会では、2月1日に五稜郭公園に設置するワックスキャンドルを実行委の構成団体メンバーや地元住民、観光客らが製作。牛乳パックに溶かしたろうを流し込み、回転させながら冷やして固め、中が空洞になった角柱型キャンドルに仕上げていった。

 初めて参加した函館市の藤村雅子さん(77)は「キャンドル作りは楽しい。点灯した様子を見るのも楽しみ。素敵な冬のイベントがさらに広がっていけば」と話していた。

 体験会は、19日にも午前10時半~午後2時半に函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれる。今年度初めて設置する行啓通り用のワックスキャンドルを製作する。参加無料。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...