北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

近く十勝・芽室産の落花生に切り替える満寿屋ボヌール店のピーナツ付きクリームパン(右から杉山社長、藤井代表、ボヌール店の谷口宜司さん)

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を増やしたほか、満寿屋商店(同)も菓子パンの原料に採用し一部店舗で販売する。

 販促を展開しているのは芽室町上伏古地区の農家9戸で組織する十勝めむろ落花生グループ(藤井信二代表)。帯広畜産大や帯広信金などとプロジェクトを推進、昨年はLLP(生産者有限責任事業組合)を立ち上げ、LLPとは別に設立された合同会社(LLC)と連携し、レトルトのゆで落花生を商品化した。

十勝の全店に

 ダイイチは1月から壱号店を除く十勝全店と、札幌・旭川地区の複数の店舗で十勝・芽室産の殻付き落花生(1袋498円)の取り扱いを開始。藤井さんらが昨年2店舗で行った1日限定の販売イベントが好評で、取扱店舗の拡大に踏み切った。

ダイイチで販売している十勝・芽室産の殻付き落花生

 2月1日にも芽室、白樺、自衛隊前の3店で店頭販売イベントを開き、藤井さんら生産者グループが参加する予定。中村浩昌果物担当バイヤーは「地場産に対する消費者の関心は高い。商品がある限り、販売を続けたい」と語る。

外国産から移行

 満寿屋商店は今春にも、ボヌール店(西17南3)限定で、定番商品のピーナツ付きクリームパン(140円)のトッピング用落花生を初めて十勝・芽室産に切り替える。20日には藤井さんを招き、試作品を披露した。杉山雅則社長は「外国産に比べて豆の香りが引き立つ。十勝で落花生の大規模栽培に取り組む心意気を応援したい」としている。

 芽室産落花生の販売先はこれまで、コープさっぽろなどに限られていた。藤井さんは「販路拡大で十勝グランナッツの知名度アップにつなげたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

白花豆カレー味わって 帯農高生が開発【帯広】

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

十勝毎日新聞

町民用ロゼ限定発売 ワイン城改装記念【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は28日、ワイン城リニューアルオープン記念事業の一環で、記念ラベルの町民用ロゼワイン(720ミリリットル、アルコール度数11.5%)を町内の酒販売店で限定発売する。約...

日高報知新聞

中学生考案・試作の「イチゴカレーパン」【様似】

【様似】様似中(深堀美紀校長、85人)の生徒会保健委員会(加藤麻亜佐委員長)が考案した「イチゴカレーパン」の全校生による試食が19日、同校の昼食時にあり、地場産イチゴのすずあかねが丸ごと1粒入った...

十勝毎日新聞

ロケットパン完成 満寿屋と大樹高が共同開発【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と大樹高校(青木祐治校長、生徒139人)の生徒が共同開発した「大樹ロケットパン」(3種類)が18日午前、初披露された。パッケージデザインは町内の小・...

十勝毎日新聞

高校生デザイン ハスカップあめ 道の駅で販売【大樹】

 道の駅コスモール大樹では今月から、町産ハスカップジャムを使ったキャンディー「ハスカップドロップス」を販売している。パッケージは大樹高生2人がデザイン。町のマスコットキャラクター「コスピー」とロケ...