北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新千歳空港、新型肺炎に警戒 24~30日の春節休日控え

新型肺炎の発生と有症者の自己申告を促す検疫レーン前の啓発ポスター=新千歳空港

 中国湖北省の武漢市で発生し、感染の広がりを見せる新型コロナウイルスによるとみられる肺炎。国内での感染も報告され、新千歳空港にある小樽検疫所の支所も警戒に当たっている。新千歳と武漢を結ぶ直行路線は現在ないが、中国国内からの移動が活発になる春節の休日期間(今年は24~30日)を控え、啓発や体温測定などを強化している。

 同支所は約20人体制で感染症の道内侵入、拡大を防ぐ。今回の新型肺炎に対しては検疫レーン前に啓発ポスターを掲示し、旅客の体表温度を感知するサーモグラフィー装置を稼働。新千歳に乗り入れる中国路線は14社10路線で週80往復が運航しており、同支所の調べで1日当たり数人が武漢から経由地を挟んで入国しているという。

 啓発ポスターは8日から掲示。日本語、中国語簡体字、英語で新型肺炎の発生を知らせ、せきや発熱の症状を呈し、服薬中の旅客に職員への自己申告を促している。同支所によると、「新千歳でこれまでに体調不良を訴えた武漢からの到着客はいない」という。

 サーモグラフィーは以前から運用してきたが、発熱症状を有する旅客を一目で発見できる。体表温度が36・5度以上の人が装置の射程圏内に入ると、職員の手元にあるモニター画面に赤く表示され、警告音が鳴る。該当者は隣の別室で体温を検査する。

 同装置は2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS=サーズ)の流行をきっかけに全国の空港で導入が進んだ。通常はエボラ出血熱や鳥インフルエンザといった検疫法に基づく検疫感染症を対象とする。

 これらの患者を発見した場合、検疫所は検体採取や隔離措置を行えるが、今回の新型肺炎は検疫感染症に指定されておらず、名前や連絡先などを聴取した後は医療機関の受診を促すにとどまる。

 春節期間前後は中国人の移動が盛んになり、来道観光客も増加が見込まれる。同支所は「海外から帰国する機内で体調が悪化したら検疫所職員に申し出てほしい」と強調。「引き続き万全の検疫体制を敷きたい」としている。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...