北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ベトナム人実習生の励みと交流に 旧正月「テト」を祝う会開催【根室】

ベトナム訪問で調達してきた本場の装飾品が会場を飾る

 根室ベトナム交流協会(会長・山本連治郎根室商工会議所会頭)は、26日に商工会館を会場に、ベトナムの旧正月「テト」を祝う会を初めて開く。先週、経済ミッションでベトナムを訪問した際に本場の飾りなどを調達しており、遠く離れて根室で暮らす技能実習生に市民と交流しながら母国の旧正月の雰囲気を楽しんでもらう。

 根室ベトナム交流協会は、市内の企業団体、市民有志が参加して昨年4月に設立。根室産サンマの販路拡大に平成22年度にベトナム輸出を試みて以来、同国との間で進んできた交流を経済的、人的に深化させるために活動している。

 「テト」は、ベトナム人にとって1年で最も大切な時期で、ふるさとの実家を離れて都会などで暮らす人々が帰省して家族と一緒に祝う習わし。

 根室市内には現在ベトナムからおよそ250人の若者が技能実習生として滞在しているが、テトに合わせて帰省するのは難しく、実習生の励みと受け入れ企業を越えての相互交流、市民にベトナム文化を知ってもらう機会として祝う会を企画した。

 1月13日から17日まで根室市から6年ぶりの経済ミッションがベトナムを訪問したのも、テトの企画に良いタイミングとなり、訪問団に参加した山本会頭はじめ交流協会関係者が、現地の市場でテト用の装飾品を購入してきた。

 華やかな模様が施された赤い提灯や短冊、造花など7種類の飾りをそろえ、当日会場を飾る。日本のちまきに似た料理でバインチュンなど地方によって呼び名の違うベトナムのもち米料理や果物も飾るほか、ベトナム料理や日本の料理を用意し、食事を楽しみながらテトを祝う。

 実習生、受け入れ企業、交流協会関係者など約200人が参加する予定。当日は正午に開会し、自由歓談ほか、日本舞踊や和太鼓の披露、ベトナム技能実習生による余興、ビンゴゲーム大会などで和やかに交流する。午後2時終了予定。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...