北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

春節目前、水際対策 新型肺炎を警戒【帯広】

 中国の春節(旧正月)の連休(24~30日)に合わせて、北海道・十勝にも中国人観光客の来訪が見込まれている。今年は中国で新型コロナウイルスによるとみられる肺炎が拡大しており、とかち帯広空港やJR帯広駅、宿泊施設などは警戒を強めている。

とかち帯広空港の到着ロビー前に設置されている防疫マット

 とかち帯広空港では家畜伝染病の侵入を防ぐため国内線と国際線の到着ロビー付近に防疫マットを設置、空港利用者の靴底を消毒している。1日に3回薬剤散布し、月2回のペースで交換している。新型コロナウイルスについても薬剤散布を継続し、感染症の拡大防止に備える。帯広空港ターミナルビルでは「国際チャーター便が到着した場合はボーディングブリッジにもマットを設置し、2段階で消毒する」と説明。館内には手洗いの消毒液を設置し、利用者への使用を呼び掛けている。

 JR帯広駅は社員に空間除菌用のエアーマスクを配布。同駅で昨シーズンから独自に取り組んでおり、今シーズンも昨年12月から配布を開始した。社員は制服のポケットにエアーマスクを配備し、菌の拡大に注意を払っている。

 佐々木大輔帯広駅長は「基本的に国際線のある空港など水際での対策が中心になる。できる予防策は継続して取り組みたい」と話している。

 十勝管内にはここ数年、2万人程度の中国人観光客(宿泊)が訪れ、相当数が春節の時期に集中している。十勝川温泉ホテル大平原ではこの時期、台湾からの訪日客が半数近くを占めるが、中国からの宿泊者も増える傾向に。「現時点で特別な対策は実施していないが、必要であれば検討したい」としている。

関連記事

日高報知新聞

新鮮野菜を安値で 菜花が今シーズンの営業開始【新ひだか】

【新ひだか】三石地区の特産品を多くの人に知ってもらおうと、同地区農家が中心となって三石鳧舞の道の駅みついし隣接地で運営する農産物三石直売所「菜花(さいか)」(河合博文代表、会員85人)が、4日か...

日高報知新聞

管内7町を7色で表現 観光PRポスター制作

 日高振興局は、全国のイベントや道内外の観光施設に掲示する「ひだか地域観光PRポスター」を制作した。管内7つのまちのそれぞれが持っている個性(カラー)を7つの色で表現した「ナナイロひだか旅」が...

苫小牧民報

床面積は2倍に新千歳国際線ビル 拡張工事が完了

 新千歳空港国際線ターミナルビルの拡張工事が先月で、完了した。航空会社のカウンターや保安検査場、搭乗待合室などが拡張され、国際線ビル全体の延べ床面積は約2倍の12万4000平方メートルに。ビル内...

苫小牧民報

全国建築板金競技大会で古市さんが日本一 苫小牧市から初

 苫小牧市元中野町の梨木工業(梨木仁代表)の工事部部長、古市友之さん(45)は、2月に静岡県富士宮市で開かれた「第42回全国建築板金競技大会」(日本建築板金協会・全日本板金工業組合連合会主催)に...

名寄新聞

特別純米酒「彗星」生酒限定販売・名寄産酒米を100%使用【名寄】

 名寄市風連産酒米「彗星」を100%使用した特別純米酒「名寄彗星」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、4日から市内各小売店などで販売されている。同酒を卸している丸徳木賀商店(木賀義友...