北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約91万円が集まっている。2人は「大樹町はロケットが基幹産業になり、発展すると信じている。パン屋をつくり、まちを盛り上げる一員になりたい」と意気込んでいる。

特製カレーパンを手にパン店開業へ意気込む(左から)橋本さん、井上さん

 パン店開業を目指すのは、京都市出身の橋本玄樹さん(34)と三重県伊賀市出身の井上拓海さん(23)。2人は実業家の堀江貴文さんが運営するオンラインサロン「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」の会員だ。

 HIU内で堀江さんが提案したアイデアに賛同し、整体院を営んでいた橋本さんが「自分の夢の一つでもあり、新しいことにチャレンジしたかった」とパン店開業を決意。フレンチやイタリアンの料理人だった井上さんを誘って、昨年9月にそろって大樹町民となった。

 橋本さんがオーナー、井上さんがパン職人となり、店は国道236号沿いの町西本通26に構える。地場の食材をふんだんに活用する考えで、源ファーム(大樹)のホエー豚のカツサンドや中札内産卵によるタマゴサンド、高松農場(大樹)のジャガイモやニンジン、タマネギを使ったカレーパンなど25種類ほどを販売する予定。

 堀江さんが創業した町内の宇宙ベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)に期待を寄せ、ホイップクリーム入りあんパンにロケットの絵の焼き印を押した「ロケットパン」も作る予定。橋本さんは「ISTのロケット打ち上げを見に来た人のお土産になれば」と話す。

 CF運営サイト「キャンプファイヤー」では2月24日まで支援を受け付けている。「すでに100人以上の人から寄付をいただいている。期待に応えたい」と井上さん。橋本さんは「焼きたてのおいしいパンを提供したい。将来的にはフランチャイズ化し、各地で地方創生のためのパン屋を営業したい」と話している。

 町内では昨年6月から、堀江さんがプロデュースしたレストラン「蝦夷(えぞ)マルシェ」が営業している。

関連記事

十勝毎日新聞

白花豆カレー味わって 帯農高生が開発【帯広】

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

十勝毎日新聞

町民用ロゼ限定発売 ワイン城改装記念【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は28日、ワイン城リニューアルオープン記念事業の一環で、記念ラベルの町民用ロゼワイン(720ミリリットル、アルコール度数11.5%)を町内の酒販売店で限定発売する。約...

日高報知新聞

中学生考案・試作の「イチゴカレーパン」【様似】

【様似】様似中(深堀美紀校長、85人)の生徒会保健委員会(加藤麻亜佐委員長)が考案した「イチゴカレーパン」の全校生による試食が19日、同校の昼食時にあり、地場産イチゴのすずあかねが丸ごと1粒入った...

十勝毎日新聞

ロケットパン完成 満寿屋と大樹高が共同開発【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と大樹高校(青木祐治校長、生徒139人)の生徒が共同開発した「大樹ロケットパン」(3種類)が18日午前、初披露された。パッケージデザインは町内の小・...

十勝毎日新聞

高校生デザイン ハスカップあめ 道の駅で販売【大樹】

 道の駅コスモール大樹では今月から、町産ハスカップジャムを使ったキャンディー「ハスカップドロップス」を販売している。パッケージは大樹高生2人がデザイン。町のマスコットキャラクター「コスピー」とロケ...