北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮と伸びるチーズの食感が人気を呼び、改良も加えて売り上げを伸ばした。

累計販売数が10万個を突破した「ハピまん」と(左から)ハピオの赤間さん、東洋食肉販売の山口さん

 数種類の十勝産と欧州産をブレンドしたチーズを、十勝産小麦100%の皮で包んだオリジナル商品。初日から4日間で計2000個を販売、その後はメディアにも取り上げられ、人気に拍車が掛かった。

 「とかちマルシェ」などのイベントにも出品、町ふるさと納税の返礼品やホクレングリーンネットショップのラインアップにも加わり、遠くは福岡や鹿児島からも引き合いがあった。

 累計の販売個数は昨年12月末で10万個に上り、現在の売り上げは月平均1万2000個となっている。

 大ヒットの裏には、商品改良の努力も。皮は冷めるとぱさつくことから水あめを加えてしっとり感を出したほか、蒸し器を使った食べ方など購入客から寄せられた声をパッケージ裏で紹介した。

 製造を手掛ける東洋食肉販売十勝事業所(帯広市)も製造能力を、1日当たり500~600個から1200個に倍増。同所の山口朋哲上級リーダーは「これほど売れるとは思わなかった。反響があったことで、より良い製造効率を見いだせた」と語る。

 ハピオでは「中華まんの日」の25日、サービスカウンター前に特設コーナーを開設しハピまんをPR。同店の赤間宏店長補佐は「音更町民(昨年12月末時点で4万4342人)が1人につき2個食べた計算。十勝に住む人全員に食べてほしい」と笑顔で話している。

 1袋298円。3分の1サイズ8個入りは1袋980円。JR帯広駅エスタ東館2階の「とかち物産センター」でも取り扱っている。

関連記事

十勝毎日新聞

白花豆カレー味わって 帯農高生が開発【帯広】

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

十勝毎日新聞

町民用ロゼ限定発売 ワイン城改装記念【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は28日、ワイン城リニューアルオープン記念事業の一環で、記念ラベルの町民用ロゼワイン(720ミリリットル、アルコール度数11.5%)を町内の酒販売店で限定発売する。約...

日高報知新聞

中学生考案・試作の「イチゴカレーパン」【様似】

【様似】様似中(深堀美紀校長、85人)の生徒会保健委員会(加藤麻亜佐委員長)が考案した「イチゴカレーパン」の全校生による試食が19日、同校の昼食時にあり、地場産イチゴのすずあかねが丸ごと1粒入った...

十勝毎日新聞

ロケットパン完成 満寿屋と大樹高が共同開発【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と大樹高校(青木祐治校長、生徒139人)の生徒が共同開発した「大樹ロケットパン」(3種類)が18日午前、初披露された。パッケージデザインは町内の小・...

十勝毎日新聞

高校生デザイン ハスカップあめ 道の駅で販売【大樹】

 道の駅コスモール大樹では今月から、町産ハスカップジャムを使ったキャンディー「ハスカップドロップス」を販売している。パッケージは大樹高生2人がデザイン。町のマスコットキャラクター「コスピー」とロケ...