北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

エゾシカ料理楽しもう 24日にフェスタ【帯広】

消費拡大に向けて開催するエゾシカフェスタのPRポスター

 エゾシカ料理とお酒を楽しむ「TOKACHI “EZOSHIKA” FESTA(エゾシカフェスタ)」が24日、ホテルグランテラス帯広(帯広市西1南11)で開かれる。シカの個体増加に伴い農林業被害が問題視されており、エゾシカ肉の販路拡大を図る。チケットを販売している。

 十勝総合振興局、十勝ジビエフェスタ実行委員会(高橋広明会長)の主催。昨年10月に開催された振興局のフォーラムで、ハンター、食肉処理業者、シェフらが協力してエゾシカ肉の消費拡大を目指すことが話し合われ、企画された。

 当日は5人のシェフがエゾシカ料理を提供。エゾシカ料理を中心とするビュッフェ形式で開催し、酒類と一緒に楽しんでもらう。抽選会や皮・角製品など加工品を紹介するブースも出店する。

 高橋会長(レストランHIROオーナーシェフ)は「5人のシェフが集まり、おいしいジビエ料理を心を込めて提供する。多くの人に来場してもらいたい」と話している。

 イベントは午後6時~同8時。定員100人。チケットは3500円(飲み放題付き)。問い合わせは十勝総合振興局環境生活課(0155・26・9028、平日午前9時~午後5時)へ。(中島佑斗)

◇参加店
▽大草原の小さな家、カーディナル、ラ・ステラポラーレ、ホテルグランテラス帯広、レストランHIRO

◇チケット販売所
▽十勝総合振興局、ホテルグランテラス帯広、カーディナル(帯広市西1南10)、大草原の小さな家(鹿追町笹川北7線)、レストランHIRO(芽室町本通2)

関連記事

十勝毎日新聞

白花豆カレー味わって 帯農高生が開発【帯広】

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

十勝毎日新聞

町民用ロゼ限定発売 ワイン城改装記念【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は28日、ワイン城リニューアルオープン記念事業の一環で、記念ラベルの町民用ロゼワイン(720ミリリットル、アルコール度数11.5%)を町内の酒販売店で限定発売する。約...

日高報知新聞

中学生考案・試作の「イチゴカレーパン」【様似】

【様似】様似中(深堀美紀校長、85人)の生徒会保健委員会(加藤麻亜佐委員長)が考案した「イチゴカレーパン」の全校生による試食が19日、同校の昼食時にあり、地場産イチゴのすずあかねが丸ごと1粒入った...

十勝毎日新聞

ロケットパン完成 満寿屋と大樹高が共同開発【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と大樹高校(青木祐治校長、生徒139人)の生徒が共同開発した「大樹ロケットパン」(3種類)が18日午前、初披露された。パッケージデザインは町内の小・...

十勝毎日新聞

高校生デザイン ハスカップあめ 道の駅で販売【大樹】

 道の駅コスモール大樹では今月から、町産ハスカップジャムを使ったキャンディー「ハスカップドロップス」を販売している。パッケージは大樹高生2人がデザイン。町のマスコットキャラクター「コスピー」とロケ...