北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

観光振興へ共同開発 特産生かし「ギョーザ」【音更・池田】

 ギョーザで観光振興を-。音更、池田両町の観光団体などでつくる「音更町・池田町広域連携観光推進協議会」(会長・傳法伸也音更町経済部長)は、両町の特産品を使ったギョーザの共同開発に乗り出した。試作品の試食会を経て、12日にはギョーザ専門のブロガーを招いたセミナーを開く。生産量日本一を誇る音更の小麦やブロッコリー、全国に名の知れた池田の十勝ワインなど両町の特産品を掛け合わせた商品開発を模索する中、それらをバランスよく活用できる点からギョーザに行き着いた。来年度の商品化を目指す。

セミナーをPRするポスター

 その前段となる試食会は帯広大谷短期大学で1月29日に行い、同協議会のメンバーや短大生らを含めた約100人が参加。使用する食材は音更産にこだわらない形で、ブロッコリーやニンジン、カボチャ、ビーツをそれぞれ使った皮の4種類を用意。十勝ワインの味を引き立てるため、赤ワインビネガーとしょうゆこうじのたれ、白ワインビネガーと塩こうじのたれ、白ワインビネガーと山わさびのたれの3種類を用意した。

 あんにはモール豚を使い、料理研究家の浦木明子さんらの協力もあり、焼きギョーザと水ギョーザの計800食を作った。試食した人からは「焼くと皮の色がきれいに見える」「赤ワインを使ったたれがおいしい」と味も好評だった。

試食会でお目見えした試作品のギョーザ

塚田氏講師に12日セミナー

 12日午後1時半からは同短大で、食による観光振興人材育成セミナーを開く。3年前に短大生のみを対象にセミナーを開いているが、一般に広く周知しての開催は初めて。国の地方創生推進交付金を活用する。

 ギョーザ専門ブログ「東京餃子通信」の編集長で、「マツコの知らない世界」など人気番組に多数出演している塚田亮一氏が講師を務め、「餃子(ギョーザ)って何だろう?~世界の餃子を食べ歩いて気付いたこと~」と題してギョーザの魅力などを語る。同協議会事務局(音更町経済部商工観光課)は「ギョーザを切り口に両町の魅力向上、観光振興に興味を持つ人材や担い手の育成につながるきっかけになれば」と期待する。

 午後1時開場、同3時終了。参加無料で、定員は150人(先着順)。希望者はプロコム北海道に電話(0155・20・2656)か、申込書に必要事項を記入してファクス(0155・20・2626)、Eメール(seminar@procomh.co.jp)で申し込む。締め切りは10日。問い合わせはプロコム北海道へ。

関連記事

十勝毎日新聞

白花豆カレー味わって 帯農高生が開発【帯広】

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

十勝毎日新聞

町民用ロゼ限定発売 ワイン城改装記念【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は28日、ワイン城リニューアルオープン記念事業の一環で、記念ラベルの町民用ロゼワイン(720ミリリットル、アルコール度数11.5%)を町内の酒販売店で限定発売する。約...

日高報知新聞

中学生考案・試作の「イチゴカレーパン」【様似】

【様似】様似中(深堀美紀校長、85人)の生徒会保健委員会(加藤麻亜佐委員長)が考案した「イチゴカレーパン」の全校生による試食が19日、同校の昼食時にあり、地場産イチゴのすずあかねが丸ごと1粒入った...

十勝毎日新聞

ロケットパン完成 満寿屋と大樹高が共同開発【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と大樹高校(青木祐治校長、生徒139人)の生徒が共同開発した「大樹ロケットパン」(3種類)が18日午前、初披露された。パッケージデザインは町内の小・...

十勝毎日新聞

高校生デザイン ハスカップあめ 道の駅で販売【大樹】

 道の駅コスモール大樹では今月から、町産ハスカップジャムを使ったキャンディー「ハスカップドロップス」を販売している。パッケージは大樹高生2人がデザイン。町のマスコットキャラクター「コスピー」とロケ...