北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

日本製紙勇払事業所、特殊紙生産へ 米企業と合同会社設立、既存施設を使用

特殊用紙の生産が予定される日本製紙北海道工場勇払事業所敷地内

 日本製紙(東京)と子会社の日本製紙パピリア(同)は7日、化学製品生産などを手掛けるデュポン(米国)の子会社デュポン・スペシャルティ・プロダクツと「デュポン日本製紙パピリア合同会社」を設立し、電気絶縁素材のノーメックス紙を日本製紙北海道工場勇払事業所(苫小牧市勇払)で生産することに合意したと発表した。同工場は1月で洋紙事業を停止したが、2021年度中に特殊用紙の生産が新たに始まる見通しとなった。

 同工場は、抄紙機4台で新聞用紙を中心に年間約23万トンの洋紙を生産してきたが紙の需要減に伴い、昨年12月26日までにすべての抄紙機を停止。正社員約300人と関連会社の従業員約170人が1月末まで残務処理に当たった。大手総合商社の双日と共同で木質バイオマス発電所の新設に向けて準備を進め、22年度の稼働を目指している。

 合同会社の設立日は1月6日付。本社所在地は東京都千代田区。勇払事業所の敷地や建物の一部を使用して生産活動を行い、建物内で既存の施設を活用しながら新しい設備を導入する。

 正社員約300人のうち、他の事業所への異動、退職者を除き、従業員約110人が勤務する。生産量や事業費などは非公表。  ノーメックス紙は軽く、優れた電気絶縁性、耐熱性を備えた特殊紙。電気駆動モーター搭載車を支える重要な生産技術は、航空機のパーティション素材などにも用いられている。

 日本製紙は、中期経営計画のテーマに「洋紙事業の生産体制再編成と自社設備の最大活用」を掲げる。担当者は「勇払は港に近い立地や従業員の技術、設備など活用できる部分が大きかった」と強調。「製紙工場で培った技術・ノウハウを活用し、北海道の発展に貢献したい」としている。

     ◇

 地元からは歓迎の声が上がっている。

 苫小牧商工会議所の森本恭行専務理事は「洋紙生産からの撤退で雇用が確保されるのか心配していたが、人材活用に向けた前向きな動き」と歓迎。「ノーメックス紙は自動車の電動化を支える技術らしいので、これからの時代を先取りした展開に期待したい」と述べた。

 岩倉博文市長も「勇払事業所での新たな事業内容が明らかになり、ほっとしている。新しい製品の開発、製造拠点になるとのことなので、非常に楽しみ」と期待。「勇払地区のこれからについては今後も地元と協議したい」と話した。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...