北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

池下産業が本格カフェ 焙煎士・坂口憲二さんのコーヒー 道内初提供【広尾】

 広尾町内の池下産業(池下藤一郎社長)は、2018年11月に閉館した「ホテルむらかみ」の1階を改装し、コーヒーショップ「Bay Lounge Coffee(ベイ・ラウンジ・コーヒー)」(町本通9ノ2)として13日に開店する。俳優から焙煎(ばいせん)士に転向した坂口憲二さんのコーヒーを道内で初めて提供するなど、本格派のカフェを目指す。坂口さんを招いた催しも検討しており、オーナーの池下社長は「閉店や閉館で町内が寂しくなる中、地域を盛り上げる憩いの場になれば」と話している。

坂口さんが焙煎したコーヒー豆を手に店内カウンターで笑顔を見せる池下社長

 急速冷凍したマイワシ「大トロいわし」を販売する池下産業は、繁忙期の派遣社員用宿舎として同ホテルを購入。約55平方メートルの喫茶店スペースがあったため、サーフィンが趣味の池下社長が「海から上がった後においしいコーヒーが飲める場所があれば」とカフェ用に改装した。東京都内のセミナーにも通い、コーヒーの知識を身に付けた。

 人気テレビドラマ「医龍」などに主演していた坂口さんは難病治療のため、芸能活動を休止し、焙煎士の資格を取得。「The Rising Sun Coffee(ザ・ライジング・サン・コーヒー)」のブランド名で千葉県九十九里浜に焙煎所、都内に店舗を構えている。

 サーファーの坂口さんは道内屈指の人気を誇る広尾のフンベ海岸を訪れ、同ホテルに宿泊したこともあった。池下社長とは共通の知人を通じて昨年夏に町内で会って意気投合。サーフィンとコーヒーという共通点があったため、坂口さんがコーヒー豆の提供を快諾した。

 30席の店内は木材を多用し、落ち着いた緑の色調。常に9種類ほどのコーヒーを用意する。生産者や焙煎士、流通などトレーサビリティー(生産流通履歴)にこだわったスペシャリティコーヒーを500円(税別)から提供する。道内では3台目となる世界大会認定の最高級エスプレッソマシンも導入した。

 地元の海産物を使った食事を提供し、コーヒー豆やグッズも販売する。高校生以下の来店者には、メロンソーダを1杯無料でサービスする。

 坂口さんは夏ごろ来町予定で、「コーヒー教室や一日店長をやってもらいたい」と池下社長。「地元の人にぜひ足を運んでほしい。サーファーやツーリングの人もここを目当てに来てもらえれば」と話している。

 営業時間は午前9時~午後5時。日曜定休。問い合わせは同店(01558・2・4789)へ。

 このほか、1階の浴場・サウナも全面改装し、昨年12月末から一般向けに営業。利用料1000円で館内着やタオルなどを貸し出す。営業時間や定休日は同じ。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...