北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

池下産業が本格カフェ 焙煎士・坂口憲二さんのコーヒー 道内初提供【広尾】

 広尾町内の池下産業(池下藤一郎社長)は、2018年11月に閉館した「ホテルむらかみ」の1階を改装し、コーヒーショップ「Bay Lounge Coffee(ベイ・ラウンジ・コーヒー)」(町本通9ノ2)として13日に開店する。俳優から焙煎(ばいせん)士に転向した坂口憲二さんのコーヒーを道内で初めて提供するなど、本格派のカフェを目指す。坂口さんを招いた催しも検討しており、オーナーの池下社長は「閉店や閉館で町内が寂しくなる中、地域を盛り上げる憩いの場になれば」と話している。

坂口さんが焙煎したコーヒー豆を手に店内カウンターで笑顔を見せる池下社長

 急速冷凍したマイワシ「大トロいわし」を販売する池下産業は、繁忙期の派遣社員用宿舎として同ホテルを購入。約55平方メートルの喫茶店スペースがあったため、サーフィンが趣味の池下社長が「海から上がった後においしいコーヒーが飲める場所があれば」とカフェ用に改装した。東京都内のセミナーにも通い、コーヒーの知識を身に付けた。

 人気テレビドラマ「医龍」などに主演していた坂口さんは難病治療のため、芸能活動を休止し、焙煎士の資格を取得。「The Rising Sun Coffee(ザ・ライジング・サン・コーヒー)」のブランド名で千葉県九十九里浜に焙煎所、都内に店舗を構えている。

 サーファーの坂口さんは道内屈指の人気を誇る広尾のフンベ海岸を訪れ、同ホテルに宿泊したこともあった。池下社長とは共通の知人を通じて昨年夏に町内で会って意気投合。サーフィンとコーヒーという共通点があったため、坂口さんがコーヒー豆の提供を快諾した。

 30席の店内は木材を多用し、落ち着いた緑の色調。常に9種類ほどのコーヒーを用意する。生産者や焙煎士、流通などトレーサビリティー(生産流通履歴)にこだわったスペシャリティコーヒーを500円(税別)から提供する。道内では3台目となる世界大会認定の最高級エスプレッソマシンも導入した。

 地元の海産物を使った食事を提供し、コーヒー豆やグッズも販売する。高校生以下の来店者には、メロンソーダを1杯無料でサービスする。

 坂口さんは夏ごろ来町予定で、「コーヒー教室や一日店長をやってもらいたい」と池下社長。「地元の人にぜひ足を運んでほしい。サーファーやツーリングの人もここを目当てに来てもらえれば」と話している。

 営業時間は午前9時~午後5時。日曜定休。問い合わせは同店(01558・2・4789)へ。

 このほか、1階の浴場・サウナも全面改装し、昨年12月末から一般向けに営業。利用料1000円で館内着やタオルなどを貸し出す。営業時間や定休日は同じ。

関連記事

釧路新聞

若手数学者難問に挑む夏合宿【鶴居】

 国内の若手数学者4人が鶴居村の自然の中で難問の数式に挑む夏合宿が、昨年に続き廃校となった旧茂雪裡小学校の校舎で行われている。今回は2組の家族も同行。子供たちは川遊びや牧場体験を楽しみ、父親たち...

函館新聞

空から見る垣ノ島遺跡 南茅部支所公式ツイッターで動画配信【函館】

 函館市南茅部支所は、史跡「垣ノ島遺跡」を上空から撮影した動画を同支所公式ツイッター「カックウ(茅空)」に掲載している。「北海道・北東北縄文遺跡群」の世界文化遺産登録に向け、地元からもSNSを通...

函館新聞

函館の姉妹都市のカナダ・ハリファクス市、8月6日「平和の日」に【函館】

 今年で広島・長崎への原爆投下から75年を迎えたことを受け、函館市と姉妹都市提携を結ぶカナダ・ノバスコシア州の州都ハリファクス市で、8月6日が「平和の日」に制定された。日本時間の7日(現地時間6...

根室新聞

金刀比羅神社例大祭 厳かに神事行う【根室】

 根室金刀比羅神社で10日、例大祭の本祭が執り行われ、社殿で奉賛会や氏子総代など関係者らが参列した。今年は新型コロナウイルスの影響で、戦後初めて神輿行列が中止となった。  根室金刀比羅神社(...

根室新聞

加工開発の成果を民間に 振興センターが技術講習会【根室】

 市水産加工振興センターは6日、同センターで水産加工技術講習会を開いた。参加者らはマイワシを原料とした各種製品、小型カレイを原料とした乾燥珍味製品などの製造方法について学んだ。  市内事業者...