北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

本格揚げピザ味わって 忠類白銀台スキー場【幕別】

 幕別町忠類の町営白銀台スキー場のレストランに新メニュー「ピッツァフリット」(揚げピザ)が登場した。レストランを運営する大樹農社湖水地方牧場(白井隆代表)が製造する水牛のチーズを使った“イタリアの味”が楽しめる。11~24日には「ピッツァマエストロウイーク」と銘打ち、著名なピザ職人田中毅さんが同スキー場の厨房(ちゅうぼう)に立ち、一流の味を提供する。

「ピッツァフリット」をPRする白井代表

 「ピッツァフリット」はチーズなどの具材をピザ生地で包んで揚げたもの。注文を受けてから調理し、紙に包んで手渡されるので、ゲレンデでも熱々の出来たてを手軽に味わえる。

 提供するのはイタリアントマトとチーズの「マルゲリータ」、同牧場のチーズをミックスした「チーズミスト」、キノコやバジル、チーズが入った「カプリチョーザ」、チョコとバナナの「ドルチェフリット」の全4種類でいずれも500円。白井代表は「北海道の質の高いチーズを多くの人に食べてもらいたいので価格を抑えた」と話す。提供はランチタイム(午前11時~午後2時)のみ。

 この他、今年はスキー場のレストランの定番とも言えるカレー(700円)もリニューアル。同牧場のホエーを豚に与えている「遊牧舎」(町忠類)のポークをカフェピリカル(大樹)特製のココナツミルクカレーで提供している。

 11日からの「ピッツァマエストロウイーク」では、田中さんこだわりのピザを味わえる。白井代表は「日本一のピザ職人が焼く小麦の香り立つピザを味わってほしい」とPRする。

関連記事

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...