北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

子牛も万全 越冬コート【帯広】

牛舎内で防寒用のジャケットを着て過ごす子牛

 厳しい冷え込みが続く中、十勝管内では、牛舎にいる子牛も防寒用のジャケットを着て寒さをしのいでいる。生まれたばかりの子牛は寒さに弱く、防寒着はこの時期の必需品となっている。

 ホルスタイン、和牛、交雑種合わせて約5000頭を飼育するトヨニシファーム(帯広市豊西町)では、生後約1カ月までの和牛の子牛10頭が、菱中産業(帯広市)の「カーフコート」を着用している。

 和牛の子牛はホルスタインと比べて身体が小さく、冷えやすい。ミルクだけで育てるため体温保持も難しく、12月から寒さが和らぐ春先までジャケットを身に着ける。

 小倉修二社長は「暖房も設置しているが暖かい空気は上に逃げてしまう。ジャケットは保温効果を高めるのに必要」と話している。

 帯広測候所によると11日は寒さが緩み、帯広の気温は正午現在で氷点下2.6度。12日の帯広の予想最高気温は6度で、週末に向けて温かくなる見込み。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...