北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

雪原歩きアート制作中 梶山さんイベント企画【中札内】

広大な畑を歩き、雪上に描き出されていくスノーアート

 中札内村の美しい雪景色を体感するイベント「スノーアートヴィレッジなかさつない2020」(15、16日・村観光協会主催)に向け、同村地域おこし協力隊の梶山智大さん(34)が11日、広大な雪原にスノーアートを描き始めた。「アートの村として、ここにしかない景色を表現したい」と、真っ白なキャンバスを一歩一歩踏みしめている。

 会場は中札内農村休暇村フェーリエンドルフ(村南常盤東4線)。村の活性化を狙い、梶山さんと、同じく協力隊で妻の千裕さん(32)が初めて企画した。

 イベントでは、真っ白な雪原に自分だけのスノーアートを描き、ドローンで撮影するフォトツアー(要予約、1人3000円)や、中札内の食材を使った料理を楽しめるキッチンカーなど企画が盛りだくさん。「#スノーアートなかさつない」を付けてインスタグラムに写真を投稿し、くじを引くキャンペーンも行う。

 目玉は約1.5ヘクタールの大雪原に、梶山さんが足跡で描くスノーアート。事前の準備はノートに描く下絵程度で、スノーシューを履いて踏みしめる“フリーレッグ”で最後まで1人で仕上げる。

 梶山さんは「雪上の感覚と感性を大切にアートを作りたい」と話す。13日の完成を目指し、作業を進めている。

 当日は約10メートルのやぐらから見下ろせるほか、熱気球からも楽しめる。熱気球は午前7時~同9時限定で、大人2000円、中学生以下1000円。

 同イベントは両日とも午前10時~午後3時。ツアー予約や問い合わせは村観光協会(0155・68・3390)へ。

関連記事

室蘭民報

港の文学館で本年度も企画多彩、掛川さんの写真展がメイン【室蘭】

 室蘭市海岸町の港の文学館(小林正明館長)の2020年度(令和2年度)事業が決まった。本年度は「伝承文学を訪ねる」がテーマで、室蘭市出身の写真家・掛川源一郎さんの写真展などをメインに毎年恒例のイ...

室蘭民報

マリンパークの銀河水槽、音と光の新たな演出で幻想世界【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は1日から、1万匹のイワシが泳ぐ銀河水槽をバージョンアップした。水槽を照らす照明の数を増やしたほか、楽曲と照明プログラムを新たに制作。輝きを増した演出を...

室蘭民報

ウポポイPRリレー最終回、アイヌ工芸品展示【苫小牧】

 白老町の民族共生象徴空間・ウポポイPRのため、開設500日前からウポポイ官民応援ネットワークが実施してきた「アイヌ工芸品リレー展示」が、苫小牧市表町の苫小牧信用金庫本店1階ロビーで開かれている...

室蘭民報

マリンパークで春の企画展示、サクラダイ出迎え【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)で、春の企画展示「水槽も春の装い~サクラダイの展示」が始まった。オレンジ色が目引くサクラダイが、チケット売り場の水槽で来館者を出迎え、春を感じさせている...

室蘭民報

明日5回生の2人がプレゼン全国サミット参加へ【登別】

 登別明日中等教育学校の5回生(高校2年生相当)でともに17歳の宮川韻さんと中川紅杏さんが、27~29日に行われる高校生のプレゼンイベント・マイプロジェクトアワード2019全国Summitに参加...