北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

特選に「広報ちとせ11月号」 道広報コンクール3連覇し全国へ-千歳市

「広報ちとせ11月号」を手に初の特選3連覇を喜ぶ石澤敦課長(右から2人目)と広報スタッフ

 第66回北海道広報コンクール(広報公聴技術研究会実行委員会主催)の広報誌・市の部で千歳市の「広報ちとせ11月号」が特選に選ばれ、2017年から3連覇を達成した。全国広報コンクール(日本広報協会主催)に道代表として推薦される。

 特選を射止めた11月号には、千歳のアイヌ民族を取り上げた特集「私の中のアイヌ」を掲載。副題は伝え残す意思―誇りと、祈り。アイヌを愛し、誇りと祈りを後世に伝えようと励む千歳市民にスポットを当てた。昨年の9月中旬から2週間で取材は新ひだか町や札幌市など市外に及んだ。

 千歳市企画部広報広聴課の石澤敦課長(49)は「広報ちとせの長い歴史で特集にアイヌを取り上げたのは初めて」と語る。後進から敬愛される古老の小田イトさん(故人)や中本ムツ子さん(同)の子孫をはじめ、アイヌ文化に魅せられ文化伝承活動をライフワークとするフォトグラファーでライターの栂嶺(つがみね)レイさん、千歳アイヌ協会長の中村吉雄さん、北大アイヌ・先住民族センターの北原モコットウナシ准教授ら21人に上る。

 構成にはカムイノミ(神への祈り)などの写真を多用。千歳のアイヌ文化の歴史の年表を配した。千歳高校の生徒による伝統のアイヌ料理「シケレベシト」の体験レポートや先人の教えを受け継ぐ千歳の若者の思いをつづる。 

 審査会は講評で説得力のある編集とレイアウトを高評価。職員の自作であることや表紙の迫力ある写真、アイヌというタイムリーなテーマを取り上げた点も評価。

 石澤課長は「アイヌ民族の誇りを持つ千歳市民が身近に存在することを知ってもらいたかった」と意図を語る。「千歳アイヌ文化協会と千歳アイヌ文化伝承保存会の皆さんの協力なくしてなしえなかった」と振り返る。

 広報誌の市の部には、道内から16点が応募。恵庭市の「広報えにわ11月号」も入選した。

特選に選ばれた「広報ちとせ11月号」

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...