北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

貨物量122万トンで最高更新 「鉱産品」の移入増で押し上げ-19年白老港

2019年の取扱貨物量が過去最高となった白老港

 白老港の2019年(1~12月)の取扱貨物量は122万6621トンとなり、前年の過去最高を更新した。移入では砂利・砂採掘跡の埋め戻し用土や製紙原料など、移出では紙製品や海岸保全工事用ブロックなどが伸び、貨物量全体を押し上げた。

 白老町経済振興課港湾室のまとめによると、移入は前年比7万64トン増の36万9968トン、移出は6万2528トン減の85万6653トン。取扱貨物の全体量は、移入の伸びによって前年を7536トン上回り、最高値を記録した。

 移入のうち最も取扱量が多いのは「鉱産品」で、前年比6万5721トン増の30万9612トンに上った。砂利・砂採掘跡の埋め戻しに使う改良土、製紙工場で使用する紙漂白用のライムストーンの移入が増えた。「軽工業品」は前年より約5倍増の1950トンとなり、製紙原料のウエットパルプが大きく伸びた。

 また、町内の牧場牛舎で使う林産品のおが粉が5442トン。これまで取り扱いがなかった品目で、移入量全体を押し上げる要因の一つとなった。

 移出では、主力の「鉱産品」の砂利・砂が前年比7万8956トン減の76万1884トンにとどまった。東日本大震災の復興や東京五輪関連の工事でこれまでコンクリート原料や路盤整備の骨材などとして引き合いが強かったものの、港湾室は「震災復興、五輪ともに工事が落ち着いたため、需要が減ったのではないか」と推測する。

 一方、白老沖合の海岸保全工事で使用するコンクリートブロック類をはじめ、紙製品、工事用石材の移出が前年より増えた。

 移入量の増加を背景に19年は過去最高の貨物量を記録。北海道地方港湾23港のうち、白老港は07年から18年まで12年連続で取扱貨物量トップを維持したが、19年についても引き続き1位となる見通し。港湾室は「海上輸送に関係する企業に働き掛け、白老港の利用促進に一層取り組みたい」としている。

 内航の商船、漁船、作業船など総トン数5トン以上の船舶の入港実績に関しては、前年比99隻減の4155隻となった。500トン以上の船は530隻と前年より42隻増えたが、500トン未満が141隻減の3625隻にとどまった。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...