北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ロシアにイカ漁獲、加工の合弁会社設立を提案 在札幌ロシア総領事が函館市役所表敬訪問【函館】

工藤市長と懇談するマーリン総領事(右)

 在札幌ロシア総領事館のマーリン・セルゲイ総領事が12日、就任あいさつのため函館市の工藤寿樹市長を表敬訪問した。工藤市長はイカの不漁に関し、地元水産加工業者の輸入元確保に向け、地元企業とロシアとの間で合弁会社の設立を提案し、総領事も歓迎する意向を示した。

 工藤市長はイカ不漁に関し、地球温暖化の影響でイカの資源がロシア側に大量に行っているはずだと指摘、函館の水産加工業者とロシアの企業とで合弁会社をつくり、函館側は輸入元の確保、ロシア側は加工技術習得に生かすことで「双方にとって利益になるのでは」と提案。7月に平井尚子副市長がウラジオストクの創建160年記念式典に出席を予定しており、「条件が整えば、ロシア側にどの程度資源が行っているのか、調査団を出したい」と述べた。

 懇談で総領事は、ロシアと日本とのビザ制度に関し、短期滞在用の電子ビザが来年から全領土に適用されるとしたほか、「タイとの間でビザをなくしたところ、旅行客が増えた」と紹介。市長は「ロシアとは交通の便が良くないが、改善されれば行き来が増えるだろう」と応じた。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...