北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

センバツへ帯農旋風を 合宿スタート【兵庫県淡路市】

 高校野球の第92回選抜大会(3月19日開幕、兵庫県西宮市・阪神甲子園球場)に出場する帯農の兵庫県・淡路島合宿が13日に県立淡路佐野運動公園野球場でスタートした。昨年11月以来となる土の屋外グラウンドでの練習は、甲子園に向けた戦力の見極めも兼ねた練習。この日は悪天候の影響もあってわずか2時間半しかなかったが、37人の部員たちは、思いっ切りプレーできる喜びをかみしめつつ体を「屋外モード」に慣らしていった。合宿は17日まで4泊5日の日程で行っている。

帯農の淡路島合宿1日目は守備練習のみ。主砲の前田愛都(右端)も精力的に取り組む

 当初練習を予定していた洲本市民球場(洲本市)は前日の降雨によるコンディション不良で使用できず、そこから北に20キロ離れた佐野運動公園に場所を移した。練習時間も1時間遅れの午後2時から始まった。

 選手は午前5時に帯広を出発し新千歳空港から大阪、そしてバスで淡路島へ移動と疲れが残っていたが、4月上旬並みにまで上がった気温18度を超える暖かさもナインの意気込みを後押し。グラウンドでは「すず野球」のスマイルを見せながら、すべての時間を守備練習に費やした。

 8日の小樽遠征の際はボール回しで左回り、右回り各連続30回成功に1時間かかったが、今回は3度失敗しただけでわずか17分で終了。その後はバント処理の連係や、今年初の本格的な内外野連係を行った。

 前田康晴監督、白木繁夫部長が所用で1日遅れの14日に合流するため、この日は大久保聡彦副部長が1人でノッカーを務めた。選手たちの「楽しそうにしていた」という表情に鼓舞されながら、80分間にわたりバットを振り続けた。

 井村塁主将(2年)は「雪のグラウンドの打球と比べて捕りやすいが、姿勢が高いなど雑な部分が出た。久しぶりの(屋外の)土で足に疲労も感じた」と不本意な様子だったが「だれもが生き生きとしていた」と1日目を総括した。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...