北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

センバツへ帯農旋風を 合宿スタート【兵庫県淡路市】

 高校野球の第92回選抜大会(3月19日開幕、兵庫県西宮市・阪神甲子園球場)に出場する帯農の兵庫県・淡路島合宿が13日に県立淡路佐野運動公園野球場でスタートした。昨年11月以来となる土の屋外グラウンドでの練習は、甲子園に向けた戦力の見極めも兼ねた練習。この日は悪天候の影響もあってわずか2時間半しかなかったが、37人の部員たちは、思いっ切りプレーできる喜びをかみしめつつ体を「屋外モード」に慣らしていった。合宿は17日まで4泊5日の日程で行っている。

帯農の淡路島合宿1日目は守備練習のみ。主砲の前田愛都(右端)も精力的に取り組む

 当初練習を予定していた洲本市民球場(洲本市)は前日の降雨によるコンディション不良で使用できず、そこから北に20キロ離れた佐野運動公園に場所を移した。練習時間も1時間遅れの午後2時から始まった。

 選手は午前5時に帯広を出発し新千歳空港から大阪、そしてバスで淡路島へ移動と疲れが残っていたが、4月上旬並みにまで上がった気温18度を超える暖かさもナインの意気込みを後押し。グラウンドでは「すず野球」のスマイルを見せながら、すべての時間を守備練習に費やした。

 8日の小樽遠征の際はボール回しで左回り、右回り各連続30回成功に1時間かかったが、今回は3度失敗しただけでわずか17分で終了。その後はバント処理の連係や、今年初の本格的な内外野連係を行った。

 前田康晴監督、白木繁夫部長が所用で1日遅れの14日に合流するため、この日は大久保聡彦副部長が1人でノッカーを務めた。選手たちの「楽しそうにしていた」という表情に鼓舞されながら、80分間にわたりバットを振り続けた。

 井村塁主将(2年)は「雪のグラウンドの打球と比べて捕りやすいが、姿勢が高いなど雑な部分が出た。久しぶりの(屋外の)土で足に疲労も感じた」と不本意な様子だったが「だれもが生き生きとしていた」と1日目を総括した。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...