北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

来館者の「足」確保へ 4月24日から交流促進バス運行-白老町

白老町の交流促進バス発着点の一つとなるJR白老駅

 白老町は、アイヌ文化復興拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)に訪れる観光客らの交通利便性を高めるため、JR白老駅やウポポイを経由し循環させる「交流促進バス」を運行する計画だ。白老駅発着でウポポイや駅北観光商業ゾーンなどをつなぐ20便と、ウポポイ発着で社台地区などの飲食店や観光スポット訪問に便利な6便の計1日26便で、ウポポイ開業の4月24日から運行開始する予定。観光客の2次交通の整備で経済効果の取り込みも狙う。

 交流促進バスの運行は、13日に白老コミセンで開かれた町地域公共交通活性化協議会で示された。

 町によると、白老駅発着の「市街地循環便」はJR列車のダイヤも意識して1日20便運行。白老駅―ウポポイ―駅北観光商業ゾーン・観光インフォメーションセンター―スーパーくまがい―町役場―白老駅のルートを15分間隔で走らせる。JRを利用するウポポイ来館者の2次交通を確保するほか、観光インフォメーションセンターや町中心部の大町商店街などへの誘導も狙う。

 ウポポイ発着の「社台・市街地便」は、白老駅を経由し社台地区の菓子店やすし店、カフェ、石山地区の白老牛レストランといった飲食店、牧歌風景の観光スポット、仙台藩白老元陣屋資料館などが訪問できる循環バスを水曜日を除き1日6便運行。水曜日は社台と中心部をつなぐ短いルートで1日5便走らせる。

 2路線の交流促進バスは、「ポンチョ」(乗車定員36人)と呼ばれる立ち乗りバス2台を利用。アイヌ文化を発信するため、車体にアイヌ文様のラッピングを施す。運賃は大人100円、小中学生50円とし、ウポポイ定休日の月曜日は運休する。

 アイヌ政策推進交付金を活用したバス運行は、町が白老観光バスに委託して実施。観光客に運行ルートを周知するため、町は4カ国語のパンフレットを作り、インターネットでも案内する。

 町は、ウポポイを生かした観光のまちづくりを進めるため、観光客に町内を周遊してもらう2次交通の整備を課題としており、今後、竹浦・虎杖浜地区への交通手段を含めて体制を検討する。

関連記事

十勝毎日新聞

ワイン城動画 海渡る 町出身の八木さん制作【池田】

 池田町出身の農業八木賢太郎さん(37)=帯広市在住=が撮影・編集したワイン城のPR動画が25日から、日本政府観光局(JNTO)のシンガポール、マレーシア・クアラルンプール両事務所のフェイスブック...

十勝毎日新聞

「邪神ちゃん」声優が市訪問 ばんえいコラボ【帯広】

 帯広市がふるさと納税を活用して制作する人気アニメ「邪神ちゃんドロップキック」の帯広編に関連し、同アニメとばんえい競馬の連携イベント(帯広市主催)が28日に開かれた。アニメに出演する声優による帯広...

十勝毎日新聞

スマホ通学定期を導入 窓口手続きいらず 十勝バス【帯広】

 十勝バス(帯広市、野村文吾社長)が26日から、スマートフォンがチケット代わりになる通学定期券の販売を一部路線で始めている。全国の交通機関で利用があるアプリ「バスもり!」を活用した。通学定期券の販...

函館新聞

色柄、素材さまざま/初のハンドメイドマスクマーケット【函館】

 地元のハンドメイド作家やクラフト作家によるマスクとマスクアイテムの展示即売会「ハンドメイドマスクマーケット」が28日、函館蔦屋書店で始まった。手作りの布マスクをはじめ、マスク用のホルダーやピア...

函館新聞

平日夜に大人向け企画を開始・はこだてみらい館【函館】

 函館市の公益施設、はこだてみらい館(函館市若松町、キラリス函館3階)は、平日夜を中心に大人向けの講座などを開く取り組み「#オトナみらい館」を開始した。  同館は縦2・4メートル、横14・4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス