北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

来館者の「足」確保へ 4月24日から交流促進バス運行-白老町

白老町の交流促進バス発着点の一つとなるJR白老駅

 白老町は、アイヌ文化復興拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)に訪れる観光客らの交通利便性を高めるため、JR白老駅やウポポイを経由し循環させる「交流促進バス」を運行する計画だ。白老駅発着でウポポイや駅北観光商業ゾーンなどをつなぐ20便と、ウポポイ発着で社台地区などの飲食店や観光スポット訪問に便利な6便の計1日26便で、ウポポイ開業の4月24日から運行開始する予定。観光客の2次交通の整備で経済効果の取り込みも狙う。

 交流促進バスの運行は、13日に白老コミセンで開かれた町地域公共交通活性化協議会で示された。

 町によると、白老駅発着の「市街地循環便」はJR列車のダイヤも意識して1日20便運行。白老駅―ウポポイ―駅北観光商業ゾーン・観光インフォメーションセンター―スーパーくまがい―町役場―白老駅のルートを15分間隔で走らせる。JRを利用するウポポイ来館者の2次交通を確保するほか、観光インフォメーションセンターや町中心部の大町商店街などへの誘導も狙う。

 ウポポイ発着の「社台・市街地便」は、白老駅を経由し社台地区の菓子店やすし店、カフェ、石山地区の白老牛レストランといった飲食店、牧歌風景の観光スポット、仙台藩白老元陣屋資料館などが訪問できる循環バスを水曜日を除き1日6便運行。水曜日は社台と中心部をつなぐ短いルートで1日5便走らせる。

 2路線の交流促進バスは、「ポンチョ」(乗車定員36人)と呼ばれる立ち乗りバス2台を利用。アイヌ文化を発信するため、車体にアイヌ文様のラッピングを施す。運賃は大人100円、小中学生50円とし、ウポポイ定休日の月曜日は運休する。

 アイヌ政策推進交付金を活用したバス運行は、町が白老観光バスに委託して実施。観光客に運行ルートを周知するため、町は4カ国語のパンフレットを作り、インターネットでも案内する。

 町は、ウポポイを生かした観光のまちづくりを進めるため、観光客に町内を周遊してもらう2次交通の整備を課題としており、今後、竹浦・虎杖浜地区への交通手段を含めて体制を検討する。

関連記事

根室新聞

音色の先に祭りの熱気―金刀比羅神社に「風鈴小道」【根室】

 根室金刀比羅神社(前田康宮司)は1日、境内東門にゲート状の「風鈴小道」を設置した。江戸風鈴160個が風に揺られて涼やかな音色を響かせている。  風鈴を下げるゲート状の木枠や風鈴の下で風に揺...

根室新聞

ベニザケ海面養殖 2年目の挑戦始まる【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は3日、今年で2年目となる海面でのベニザケ養殖実証試験を開始した。根室港中防波堤に設置したいけすに、標津サーモン科学館で生まれた稚魚2...

苫小牧民報

もっと知って!まちのこと You Tubeで歴史や情報「むかわ学」

 むかわ町教育委員会は、町の産業や歴史、文化などについて学習する「むかわ学」の取り組みをインターネットの動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で公開している。新型コロナウイルス感染症防...

苫小牧民報

支笏湖周辺を疑似体験 ビジターセンターにVR設置

 環境省は、千歳の支笏湖周辺地域のスポットをバーチャルリアリティー(VR=仮想現実)で疑似体験できるデジタル展示を支笏湖ビジターセンターに導入した。高精度の360度カメラで撮影した樽前山の火口や...

日高報知新聞

支えてくれた職員に感謝【平取】

【平取】3期12年間の任期満了の日を迎えた川上満平取町長(68)の退任式が2日、町役場2階議事堂で行われた。  庄野剛教育長が送別の言葉を述べ、女性職員から花束を受け取った川上町長は退任あいさつで、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス