北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

来館者の「足」確保へ 4月24日から交流促進バス運行-白老町

白老町の交流促進バス発着点の一つとなるJR白老駅

 白老町は、アイヌ文化復興拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)に訪れる観光客らの交通利便性を高めるため、JR白老駅やウポポイを経由し循環させる「交流促進バス」を運行する計画だ。白老駅発着でウポポイや駅北観光商業ゾーンなどをつなぐ20便と、ウポポイ発着で社台地区などの飲食店や観光スポット訪問に便利な6便の計1日26便で、ウポポイ開業の4月24日から運行開始する予定。観光客の2次交通の整備で経済効果の取り込みも狙う。

 交流促進バスの運行は、13日に白老コミセンで開かれた町地域公共交通活性化協議会で示された。

 町によると、白老駅発着の「市街地循環便」はJR列車のダイヤも意識して1日20便運行。白老駅―ウポポイ―駅北観光商業ゾーン・観光インフォメーションセンター―スーパーくまがい―町役場―白老駅のルートを15分間隔で走らせる。JRを利用するウポポイ来館者の2次交通を確保するほか、観光インフォメーションセンターや町中心部の大町商店街などへの誘導も狙う。

 ウポポイ発着の「社台・市街地便」は、白老駅を経由し社台地区の菓子店やすし店、カフェ、石山地区の白老牛レストランといった飲食店、牧歌風景の観光スポット、仙台藩白老元陣屋資料館などが訪問できる循環バスを水曜日を除き1日6便運行。水曜日は社台と中心部をつなぐ短いルートで1日5便走らせる。

 2路線の交流促進バスは、「ポンチョ」(乗車定員36人)と呼ばれる立ち乗りバス2台を利用。アイヌ文化を発信するため、車体にアイヌ文様のラッピングを施す。運賃は大人100円、小中学生50円とし、ウポポイ定休日の月曜日は運休する。

 アイヌ政策推進交付金を活用したバス運行は、町が白老観光バスに委託して実施。観光客に運行ルートを周知するため、町は4カ国語のパンフレットを作り、インターネットでも案内する。

 町は、ウポポイを生かした観光のまちづくりを進めるため、観光客に町内を周遊してもらう2次交通の整備を課題としており、今後、竹浦・虎杖浜地区への交通手段を含めて体制を検討する。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...