北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「ゴールデンカムイ」謎解きゲーム【平取】

アイヌ文化博物館でゲ ームがスタートした

【平取】若い世代にアイヌ文化を発信しようと町立二風谷アイヌ文化博物館など3カ所で8日から、アイヌ文化への理解を深める謎解きゲーム「平取に眠る宝を探せ」が始まった。

 「週刊ヤングジャンプ」で連載中の人気漫画「ゴールデンカムイ」を題材にしたゲームで、元年度アイヌ政策推進交付金を活用して同町観光協会が発行元の集英社などの協力を得て企画した。

 同漫画は、明治末期の北海道、樺太を舞台に、元陸軍兵がアイヌの少女とともにアイヌが秘蔵した金塊を探し歩くというストーリー。

 謎解きゲームの参加者は、二風谷アイヌ文化博物館で2問のほか、隣接の二風谷工芸館、沙流川歴史館で各1問の計4問の謎解きに答える。各館の展示物などを参考にして解答し、全問正解すると記念品がもらえる。

 参加料は無料だが、アイヌ文化博物館の入館料(小・中学生150円、高校生以上400円)が必要。

 同町観光協会では「明治時代にタイムスリップし、平取町の魅力を再発見するイベント。沙流川流域の豊かな自然に培われたアイヌ文化と、その歴史にまつわるロマンに満ちた謎解きを親子揃って楽しんでいただけたらうれしい」と来館を勧めている。

 ゲームは24日(午前9時~午後4時半)まで。  問い合わせは町観光協会(☎01457・3・7703)へ。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...