北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館マラソンは予定通り? 道南感染確認で対応慌ただしく【函館】

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、7月5日開催予定の「2020函館マラソン」の実行委員会事務局に、開催可否の問い合わせが寄せられている。現時点では予定通りの開催に向けて準備を進めているが、19日には道南で初の感染者が確認されたこともあり、実行委では慌ただしく情報を収集している。

 同ウイルスの感染拡大に伴い、東京マラソン(3月1日)が一般出場者の参加を取りやめるなど、大規模な大会の内容変更や中止が全国的に相次いでいる。

 函館マラソンは25日から4月17日まで参加を受け付ける予定。東京マラソンの中止報道を受け18日は実行委事務局に「開催されるのか」などの問い合わせが10件ほど寄せられたという。同大会ホームページでは現在「予定通り開催する」とアナウンスしている。

 19日には渡島管内で新型コロナウイルス感染者が道南で初確認され、事務局は情報の収集に追われた。同マラソンは参加者の声に耳を傾けて運営を改善し約7400人(昨年)が参加する人気の大会に成長してきた。今大会から日本陸連が後援を予定しているほか、北海道マラソンが東京五輪マラソンの影響で中止となったことから、ランナーからの注目度は例年以上に高かった。事務局は「ランナーの最善を考えて運営する方針に変わりはない。(新型コロナウイルス感染の)早期の収束を願っている」としている。

 同ウイルスへの対応については、消毒液の配備や希望者へのマスク配布、エイドステーションの提供方法の見直しなどを検討している。せきエチケットと手洗いなどの感染症対策の励行を例年にも増して呼び掛ける方向で準備している。実行委では全国各地のマラソン大会や大規模なスポーツイベントでの対応を参考に感染防止策に取り組む考え。

 今後の対応については決まり次第、随時ホームページで公表する方針。

関連記事

根室新聞

議員定数 依然隔たり「維持」から最大「4減」まで【根室】

 議員定数問題を協議する根室市議会(本田俊治議長)の議員定数等に関する調査検討委員会(滑川義幸委員長)は9日午前、各会派、議員の「あるべき定数の考え方」に対する質疑を行った。議会内は「現状維持...

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス