北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

センバツへ全開練習 エース片山、全力投球 白樺学園キャンプ【宮崎】

温暖な気候の中、伸び伸びと練習に汗を流す白樺学園ナイン

 白樺学園の宮崎キャンプ(宮崎県、宮崎市)第2日は19日、市内の宮崎学園高グラウンドで行われ、いきなりの全開練習となった。昨年11月以来の広い土の球場での練習に、この日を待ちわびて準備万端だったナインは、約6時間半にわたって目いっぱいのプレー。エース片山楽生(2年)らもマウンドから全力の球を投げ込んだ。

 ソフトバンクなどNPB3球団が春季キャンプ中の宮崎市のこの日の最高気温は13.2度。地元の人たちにとっては肌寒い天候ながら、日が照っていたこともあり、ナインにとっては絶好のコンディション。全力疾走、果敢な守備など昨秋と変わらぬ軽快な動きを見せた。

 十勝では自校などの室内でしか練習できなかったが、「宮崎キャンプは調整の場ではない」と戸出直樹監督が話す通り、ナインは動ける体づくりをし、この日から全力で練習に取り組めるように備えてきた。

 午前の練習では内外野の連係など守備が中心。屋外初日ながら速く正確な送球が随所に見られた。午後の打撃練習では各選手が外野へ鋭い打球を飛ばすなど、昨秋のグラウンド練習と遜色ない光景が広がった。

 業天汰成主将(2年)は「白樺は守備のチームなので、ミスをなくすよう1週間の短い期間で仕上げたい」と話しつつ「いい出だしとなりました」と仲間の動きに目を細めた。戸出監督も「外野手の感覚が鈍っていた以外は、思ったより動けていた。例年以上のものを感じる」と手応えを得たもよう。

 今キャンプは部員33人中、「自費参加であることや練習場のスペースが限られている」(戸出監督)ことから25人の参加となった。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...