北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「赤レンガ」カフェに 宮本商産が7月開店 国文化財旧本社【帯広】

カフェとして再活用される宮本商産の「赤レンガ」

 ガソリンスタンドなどを展開する宮本商産(平征浩社長)は、築100年を超える国の登録有形文化財で、帯広市西2南5の本社隣に今も残る旧本社社屋(通称・赤レンガ)をカフェとして再活用する。すでにパンケーキなどで人気の喫茶全国チェーン「さかい珈琲」の運営会社と、フランチャイズ契約を締結した。モダンな外内装を極力、生かす考えで、7月オープンを目指している。

 赤レンガは、雑穀の仲買などを手掛けた同社の創業者、故宮本富次郎氏が事業で得た財産を使って建設した。1919年の完成とされる。

 木骨造り2階建てで、外壁にレンガを施したヨーロッパ様式の重厚な造り。床面積は延べ178平方メートル。2017年に国の同文化財に登録された。同社は「多くの人に歴史や文化に触れてほしい」との思いから、登録前後からイベントなどに活用してきた。

 さかい珈琲はJ・ART(本社岐阜)が運営し、関東や東海を中心に19店舗を持つ。北海道は初出店で東北以北でも初。「長時間ゆったり過ごせる」をコンセプトに、女性を中心に客数を伸ばしているという。

 赤レンガは「さかい珈琲帯広店(仮称)」とし、コーヒーやパンケーキ、パスタなどを提供する予定。席数は63席。キッチンは建物横に新築し、春に着工予定。店内ではコンサートや展示会なども積極的に開催していく考えだ。

 事業費は約5000万円。平社長は「さかい珈琲側も国の文化財を活用した店舗展開は初めてと聞く。特にパンケーキは独自の製法で人気」とし、「赤レンガは十勝の財産だと思っている。単なるカフェではなく、文化など人が集う拠点にしたい」と話す。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...