北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

藤原さん「巨木」特別賞 岡本太郎現代芸術賞【中札内】

 若手芸術家の登竜門「第23回岡本太郎現代芸術賞」で、中札内村の彫刻家藤原千也さん(41)=中札内高等養護学校教諭=が特別賞に選ばれた。受賞作は樹齢100年以上というバッコヤナギの巨木を素材に、出合いから2年以上かけて制作した「太陽のふね-mother’s boat」。藤原さんは「受賞はうれしいが、もっと木の中にある魂と話がしたい」と話している。

藤原さんの特別賞受賞作「太陽のふね-mother’s boat」。川崎市の岡本太郎美術館で展示されている

 同芸術賞は公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団など主催。岡本太郎(1911~96年)が逝去した翌97年に「岡本太郎記念現代芸術大賞」として始まった。

 今回は応募用紙による第1次審査で452点から入選者23作家を決定。その中から岡本太郎賞(1作家)、岡本敏子賞(同)、特別賞(5作家)が選ばれた。

 札幌市出身の藤原さんは巨木を使った彫刻作品で知られ、現在は村内の古い鉄工所を改造したアトリエで制作活動に取り組む。“木との対話”を大切にする藤原さんは、今回の素材に樹齢100年以上のバッコヤナギを選んだ。

 この素材を入手したのは2017年11月だったが、木の“声”が聞こえない日々が1年以上続く。「木の中に入れば魂と出合えるかもしれない」と思い、とにかく木をくり抜いた。

 彫り進めている途中、乾湿の差で木が割れ、一筋の光が上部の割れ目から差し込んだとき、「舟のようだ」と感じたことで制作は佳境に入った。

 作品は長さ5.6メートル、直径1.5メートル。自身の制作の中で最大規模の作品が完成した。

 審査員の1人で美術批評家の椹木野衣さん(多摩美術大学教授)は「一条の太陽の光が差し込んだとき、この死んだ巨木は一つの表現になった。象徴的に死から生への転換が起きたのだ。その簡明さがこの上なく力強い」と評価した。

特別賞の盾を手にする藤原さん

 藤原さんは「最高賞(岡本太郎賞)を目指していただけに悔しい」とも。「もっと大きな木を彫りたい。木が感じてきた太陽や歴史を自分も感じてみたい」と話している。

 藤原さんを含む入選作家の作品は4月12日まで、川崎市の岡本太郎美術館で展示されている。表彰式は今月13日に同美術館で開かれた。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...