北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

けん玉「マスター」堅持 小嶋さん「W杯で上位を」【上士幌】

 上士幌中学校1年の小嶋竜之介(12)さんは、プロ級の腕前となるけん玉検定(一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク制定)のマスター1級に、2回目の合格を果たした。最高クラスのマスターは、毎年検定の技が変わり、小嶋さんは「技は毎年少しずつ上がっている感じがする。夏のワールドカップ(W杯)に出場して上位を狙いたい」と意欲を見せている。

腕を磨くけん玉キッズクラブのメンバー。後列中央が小嶋さん。同右の堀江大智さん(上士幌高1年)もマスター1級に合格している

 同検定は、メダルチャレンジから最上級のマスタークラスまで5クラス(各クラス内に三つの級)がある。マスタークラスの検定は、毎年広島で開かれるワールドカップで披露される技などを参考に、技が決められる。

 小嶋さんは、学童保育所に通っていた小学6年の4月から、同保育所にあったけん玉で、同保育所指導員に教えてもらいながら、毎日のようにけん玉を練習した。

 始めてから約半年後、町内のけん玉キッズクラブに入り、けん玉を指導している高橋克磨さん(27)と二宮翼さん(32)=共に町教委職員=から指導を受け、めきめきと上達し、昨年6月にマスター3級に合格。その後も上を目指して挑戦を続け、何度も不合格になったが、同11月に念願のマスター(2019)1級に合格できた。今年1月中旬には、マスター(2020)1級に再び合格した。

 けん玉の魅力は「老若男女誰でもでき、技が決まったときの達成感がとても気持ちがいいところ」と話す。

 8月に広島で開かれるワールドカップにも出場する。昨年も出場したが決勝に進むことができなかった。

 ワールドカップ自体には誰でも参加できるが、世界中から選手が集まり高度な技で競い合う。「昨年、出てみて自分の技量はまだまだだと感じた。今年は決勝に進んで上位を狙いたい」と決意し、練習に励んでいる。

関連記事

根室新聞

議員定数 依然隔たり「維持」から最大「4減」まで【根室】

 議員定数問題を協議する根室市議会(本田俊治議長)の議員定数等に関する調査検討委員会(滑川義幸委員長)は9日午前、各会派、議員の「あるべき定数の考え方」に対する質疑を行った。議会内は「現状維持...

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス