北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

けん玉「マスター」堅持 小嶋さん「W杯で上位を」【上士幌】

 上士幌中学校1年の小嶋竜之介(12)さんは、プロ級の腕前となるけん玉検定(一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク制定)のマスター1級に、2回目の合格を果たした。最高クラスのマスターは、毎年検定の技が変わり、小嶋さんは「技は毎年少しずつ上がっている感じがする。夏のワールドカップ(W杯)に出場して上位を狙いたい」と意欲を見せている。

腕を磨くけん玉キッズクラブのメンバー。後列中央が小嶋さん。同右の堀江大智さん(上士幌高1年)もマスター1級に合格している

 同検定は、メダルチャレンジから最上級のマスタークラスまで5クラス(各クラス内に三つの級)がある。マスタークラスの検定は、毎年広島で開かれるワールドカップで披露される技などを参考に、技が決められる。

 小嶋さんは、学童保育所に通っていた小学6年の4月から、同保育所にあったけん玉で、同保育所指導員に教えてもらいながら、毎日のようにけん玉を練習した。

 始めてから約半年後、町内のけん玉キッズクラブに入り、けん玉を指導している高橋克磨さん(27)と二宮翼さん(32)=共に町教委職員=から指導を受け、めきめきと上達し、昨年6月にマスター3級に合格。その後も上を目指して挑戦を続け、何度も不合格になったが、同11月に念願のマスター(2019)1級に合格できた。今年1月中旬には、マスター(2020)1級に再び合格した。

 けん玉の魅力は「老若男女誰でもでき、技が決まったときの達成感がとても気持ちがいいところ」と話す。

 8月に広島で開かれるワールドカップにも出場する。昨年も出場したが決勝に進むことができなかった。

 ワールドカップ自体には誰でも参加できるが、世界中から選手が集まり高度な技で競い合う。「昨年、出てみて自分の技量はまだまだだと感じた。今年は決勝に進んで上位を狙いたい」と決意し、練習に励んでいる。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...