北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

飲酒防止コン 優秀賞 中札内高等養護幕別分校【幕別】

 中札内高等養護学校幕別分校(平井孝和校長、生徒35人)が「20歳未満飲酒防止教育 学校コンクール」の特別支援学校部門で優秀賞を受賞した。体験活動などを通し、生徒に主体的に考えてもらう授業の実践が評価された。

表彰状を手に受賞を喜ぶ各年度の中心教諭(左から松橋眞教諭、岡田匡史教諭、長谷地翔教諭)と養護の熊野教諭

 同コンクールはビールメーカー5社でつくる「ビール酒造組合」が主催。20歳未満の飲酒が及ぼす健康への影響などの理解促進を目的に、全国の小・中学校、高校、特別支援学校から飲酒防止教育の事例を募集している。今年度は43点の応募があった。

 幕別分校では、全学年が一緒に受ける保健体育の授業で、同組合が貸し出す「飲酒状態体験ゴーグル」などを活用した授業を2017年度から展開している。飲酒防止教育に充てられる時間は年1、2時間だが、アルコールの害について考えるグループワークを取り入れたり、教諭たちがアルコールパッチテストを体験して見せたりして生徒が考えを深めている。

飲酒状態体験ゴーグルを着けて飲酒が及ぼす影響を体験する生徒

 飲酒によって起こる視覚のゆがみなどを体験できる飲酒状態体験ゴーグルは「ほろよい」「酩酊(めいてい)」「泥酔」の3種類あり、分校では1セットを購入。近隣の小・中学校にも要望があれば貸し出している。

 授業に協力する熊野恵津子養護教諭は「特別支援学校でカリキュラムとして取り入れているところは少ないのでは。社会に出たらお酒と関わる機会がある。20歳を過ぎてからアルコールとうまく付き合えるよう、生徒が自ら選択できるようになってほしい」と望む。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...