北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

ダリアの花の飾り物を着け、引退セレモニーに臨んだタナボタチャン

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつけ、別れを惜しんだ。

 「目がくりっとして、かわいらしい」。帯広市の神田菜摘(なつみ)さん(24)は1年前のレースを観戦して一目ぼれ。「頭に飾りを着けたら、もっとかわいくなる」と、お守りの意味も込めて飾り物を手作りしてきた。ハロウィーンやクリスマスに合わせて作り、その数は10以上。レース本番で使われ、神田さんは必ず競馬場に駆けつけた。

 引退レース用に作った飾り物は「感謝」の花言葉を持つ白いダリアの花。かごいっぱいのニンジンをはなむけにし、「もうレースで見られないと思うと寂しい」と目を潤ませた。

 タナボタチャンのレースがきっかけで、ばんえいファンになった人も。千葉県の会社員荻野修司さん(47)は3年前にインターネット放送で同馬を知り、かわいらしい容姿と「レース後半に追い上げ、すぱっと追い抜く姿」に引かれた。

 以来、年5、6回のペースで競馬場に。同馬は今後、繁殖牝馬として市内のばんえい牧場十勝で余生を過ごすが、荻野さんは「今度は子どもの姿を見たい」とその日を心待ちにする。

 タナボタチャンは2015年5月にデビューし、通算172戦20勝。引退レース後のセレモニーでは、馬主の佐藤範宏さん(芽室)が「これだけ勝ってくれるとは思わなかった。よく頑張ってくれた」と労をねぎらった。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...