北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「彩凛華」入場者3割減 新型肺炎影響【音更】

新型コロナウイルスによる感染症の影響で昨年より入場者数が落ち込んだ「彩凛華」

 音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開かれていた「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が24日、31日間の日程を終えた。期間中(1月25日~2月24日)の入場者数は3万2785人で、前年の4万4868人と比べて1万2083人減(27%減)。インフルエンザや新型コロナウイルスといった感染症による影響が響き、地元客の落ち込みが目立った。

 町内の小中学校でインフルエンザの疾患による学級・学校閉鎖が相次ぎ、加えて2月に入って新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され、外出を控える動きが加速。さらに少雪のため、開幕直後はスノーラフティングなど一部プログラムを中止したことも数字が落ち込んだ原因とみられる。

 実行委によると、例年は最終日直前に2000~3000人が押し寄せるが、2月の3連休初日に当たる22日は大雪も重なり、一日の入場者数は666人にとどまった。

 一日の入場者数で最も多かった日は15日の2778人で、最少は1月29日の426人。実行委は「宿泊客は平年並みだったといえ、地元客、特に子どもが少なかった。団体バスもあまり見られなかった」と振り返る。

 一方、地面に投影された雪の結晶などの映像が来場者の動きに合わせて変化する「デジタル遊園地」は、投影箇所を拡張したこともあって人気を集めた。フットパスのコースで利用する小道を彩る「光のalley(アリー)」もインバウンド(訪日外国人旅行者)に好評で、「欧米のお客さんが前回より多く見られた。ただ、地元客も意識してもっと周知を徹底していく必要があることは確か」(実行委)と課題を挙げる。

 今回は感染症や少雪などマイナス要因が重なったが、次回に向けて実行委は「バージョンアップできるところは改善しつつ、より魅力ある内容にしたい」としている。

関連記事

苫小牧民報

1万2千泊分がキャンセル 出光SDM作業員宿泊先、が変更を要請-千歳

 道が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出光興産北海道製油所(苫小牧市真砂町)の大規模な定期補修工事(シャットダウンメンテナンス=SDM)に携わる作業員を千歳市内に宿泊させないよう求め、少なく...

苫小牧民報

医師確保や経営改善課題に 白老町立国保病院改築基本計画素案

 白老町は、町立国保病院の改築基本計画素案を取りまとめ、40床を備えた新病院を2025年度に開設する方向性を打ち出した。建設地は現病院の隣地(日の出町3)とし、長寿命化の進展を見据えて医療と介護...

日高報知新聞

実りの秋を楽しみに 小学校が合同で田植え【浦河】

 浦河町立荻伏小(金沢覚校長)の5年生8人と浦河東部小(大石恭義校長)の5年生6人が5日、町内富里の農業、島田穣(ゆたか)さん(81)の水田4アールで米づくり体験学習の田植えを行った。  町内2小...

日高報知新聞

JR日高線のバス転換に25億円支援【新ひだか】

【新ひだか】運休区間のJR日高線に関する4日の臨時町長会議(非公開)で、バス転換調整案を説明したJR北海道が、会議の中でバス転換費用として25億円の支援金を拠出する考えを示したことが分かった。ただ、...

十勝毎日新聞

十勝の写真 酒のラベルに 観光大使・山岸さんが企画【東京】

 とかち観光大使で写真家の山岸伸さんは、写真家の作品をラベルにした酒をプロデュースした。第1弾は山岸さんのばんえい競馬、第2弾は帯広の英語学校学院長浦島久さんのジュエリーアイス。「観光大使として十...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス