北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

公共施設の大半休館、各地でイベント中止相次ぐ【道内】

コロナウイルスの感染拡大防止のため来月4日まで休館になる「だて歴史の杜文化ミュージアム」

 小、中学校の一斉休校を受け、公共施設の休館が相次いでいる。室蘭、伊達両市は26日、休校期間に合わせ、おおむね3月4日まで、市内の公共施設の大半を休館する、と発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防止するのが狙い。体育館や図書館の主要施設が利用できないため注意が必要だ。

 26日夕方時点で休館が決まった施設と日程は次の通り。

 ●室蘭市(3月4日まで)
 ◇文化・教育施設
 ▽室ガス文化センター▽市民会館▽市民美術館▽青少年科学館▽図書館本館・輪西、本輪西、白鳥台の各分室、自動車文庫ひまわり号▽港の文学館▽民俗資料館(整理休館中)

 ◇子育て関連施設
 ▽学童保育施設(児童クラブ・スクール児童館・児童センター・児童館)▽子ども発達支援センターあいくる▽子育て世代包括支援センターここらん(個別相談は可)▽子育て支援センターらんらん(同)

 ◇一般公共施設
 ▽生涯学習センターきらん▽胆振地方男女平等参画センターミンクール▽中小企業センター(一部専用利用あり。入居団体は通常)▽市民活動センター▽サンライフ室蘭▽げんき館ペトトル▽西いぶりリサイクルプラザ(資源ごみ施設は通常)▽本輪西会館▽地域交流センター▽イタンキ生活館▽市営住宅集会所(5施設)

 ◇スポーツ関連施設
 ▽入江運動公園陸上競技場・温水プール・多目的広場・芝生広場▽中島公園野球場▽弓道場▽体育館▽武揚体育館▽保健センター体育館▽B&G海洋センター▽中島スポーツセンター▽だんパラスキー場▽だんパラ公園サンパワー380▽室蘭岳山麓休憩所

 ●伊達市
 ◇3月4日まで
 ▽だて歴史の杜カルチャーセンター(一部開催事業あり)▽だて歴史文化ミュージアム▽総合体育館▽武道館▽B&G体育館▽まなびの里サッカー場体育館▽市立図書館▽有珠生活館▽弄月館▽放課後子ども教室▽不登校児童生徒サポートハウス「子どもの国フェニックス」▽学校開放▽放課後児童クラブ(おおたき児童クラブ含む)
 ◇同12日まで ▽幼児ことばの教室
 ◇同31日まで ▽だて歴史の杜食育センター
 ◇小、中学校の休校期間に準じる ▽児童館▽子育て支援センター
 ◇通常通り ▽保育所

新型肺炎拡大防止で各地イベントの中止と延期

 ●道など
 道と道新幹線建設促進期成会は26日、「北海道新幹線体験乗車会~日帰りで行く青森の旅」(3月20日開催予定)について、中止すると発表した。胆振はじめ渡島、桧山、後志管内の住民を対象に、新函館北斗駅-新青森駅間の日帰りでの利用を通じて北海道新幹線を身近に感じてもらう内容だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、25日に開催中止を決めた。

 ●室蘭
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月に開催を予定していた室蘭市内のイベントの中止を決定した。26日現在で中止が決まっているイベントは次の通り。
 ▽室蘭市国際交流推進協議会主催の世界料理教室、1日、中島町・市生涯学習センターきらん
 ▽炭鉄港日本遺産認定記念フォーラム、1日、海岸町・広域センタービル
 ▽国際女性デー2020inむろらん講演会、7日、胆振地方男女平等参画センター・ミンクール
 ▽北海道大谷高校吹奏楽部、室蘭清水丘高校吹奏楽団による第7回東日本大震災チャリティーコンサート、11日、輪西町・市民会館
 ▽室蘭ウインドソサエティ第30回定期演奏会、21日、輪西町・市民会館

 ●登別
 3月7日に登別市富士町の登別市民会館で開催予定の「市民講習会『孤独死はいやですか?』」(室蘭民報社など後援)について、主催する登別・みながわ往診クリニック(皆川夏樹院長)は25日、延期を決めた。新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受けた対応。同クリニックでは、「(新型コロナウイルスの感染が終息するなど)時期をみて開催を検討したい」などとしている。

 ●伊達・洞爺湖
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、26日までに伊達市や洞爺湖町でイベントの中止や延期が新たに決まった。いずれも感染拡大防止が理由で、胆振西部のイベント運営に大きな影響を与えている。

 伊達市では、3月1日に予定していた「第23回耳の日記念の集い『市民手話講習会』」(だて歴史の杜カルチャーセンター)をはじめ、同7日の「土田英順東日本大震災チャリティチェロコンサート」(同センター)、同8日開催の講演会「500年前の柱穴から見えてきたアイヌ住居の移り変わり」(だて歴史文化ミュージアム)がそれぞれ中止。

 洞爺湖町では、ガイド活動者向けの企画「ガイドのためのリスクマネジメント」(3月14日、あぶたふれ合いセンター)が延期した。代替開催の日程は未定。

関連記事

苫小牧民報

1万2千泊分がキャンセル 出光SDM作業員宿泊先、が変更を要請-千歳

 道が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出光興産北海道製油所(苫小牧市真砂町)の大規模な定期補修工事(シャットダウンメンテナンス=SDM)に携わる作業員を千歳市内に宿泊させないよう求め、少なく...

苫小牧民報

医師確保や経営改善課題に 白老町立国保病院改築基本計画素案

 白老町は、町立国保病院の改築基本計画素案を取りまとめ、40床を備えた新病院を2025年度に開設する方向性を打ち出した。建設地は現病院の隣地(日の出町3)とし、長寿命化の進展を見据えて医療と介護...

日高報知新聞

実りの秋を楽しみに 小学校が合同で田植え【浦河】

 浦河町立荻伏小(金沢覚校長)の5年生8人と浦河東部小(大石恭義校長)の5年生6人が5日、町内富里の農業、島田穣(ゆたか)さん(81)の水田4アールで米づくり体験学習の田植えを行った。  町内2小...

日高報知新聞

JR日高線のバス転換に25億円支援【新ひだか】

【新ひだか】運休区間のJR日高線に関する4日の臨時町長会議(非公開)で、バス転換調整案を説明したJR北海道が、会議の中でバス転換費用として25億円の支援金を拠出する考えを示したことが分かった。ただ、...

十勝毎日新聞

十勝の写真 酒のラベルに 観光大使・山岸さんが企画【東京】

 とかち観光大使で写真家の山岸伸さんは、写真家の作品をラベルにした酒をプロデュースした。第1弾は山岸さんのばんえい競馬、第2弾は帯広の英語学校学院長浦島久さんのジュエリーアイス。「観光大使として十...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス