北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

チェコ、アルゼンチンから40人 市、パラ合宿受け入れ【帯広】

 帯広市は、東京パラリンピック選手団の事前合宿地として、チェコ、アルゼンチンの2カ国の選手を受け入れる。競技はボッチャ、卓球、水泳の3種目。選手・スタッフ合わせて約40人が訪れる。人数や合宿会場などの詳細は調整中で、正式決定後に協定を結ぶ。

合宿の受け入れを想定している帯広市総合体育館(左)

 受け入れ期間は、8月3~17日、水泳競技は帯広の森市民プール「スインピア」、ボッチャと卓球は市総合体育館「よつ葉アリーナ十勝」または帯広の森体育館を想定している。

 各国選手団は競技環境などを調査し、それぞれ日本国内合宿地を選考。帯広市には2カ国から要請があった。

 大会直前合宿となるため競技練習が優先されるが、ホストタウンとして採火式(8月13~15日)や日本文化体験など地域住民との交流イベントへの参加を提案する予定。

 市教委は「選手団が競技に集中できるように、関係機関と相談しながら必要なサポートを準備していく」(スポーツ振興室)としている。

 道内では、釧路市がベトナム選手団のパワーリフティングと陸上競技、札幌市がウクライナ選手団のゴールボール競技のホストタウンに決まっている。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...