北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「シラオイ・イペ」立ち上げ アイヌ伝統料理をアレンジし2種類弁当提供-白老

開発した2種類の弁当を手にする関係者。左は「イペピリカ弁当」、右が「しらおいヒンナ弁当」

 白老町内で食品販売や仕出し料理を扱う4社が、民族共生象徴空間(ウポポイ)に訪れる団体客へ弁当を提供する会社「シラオイ・イペ」を立ち上げた。白老の食材を使い、アイヌ民族の伝統料理をアレンジした弁当で、4月24日のウポポイ開業に合わせて予約注文を受ける。同社の役員らは「白老とアイヌ文化をアピールしたい」と意気込む。

 会社を設立したのは、スーパーくまがいの熊谷商店(熊谷貴洋社長)、せんだ(仙田公昭社長)、バルクマート(堀田尚史店長)、しらおい食楽(杉本健一社長)。  4社は2年前、白老仕出し組合をつくり、ウポポイ工事関係者に弁当を提供していたが、「開業後の団体客に食を通じて白老の魅力を伝えたい」と今月、アイヌ語「イペ」(食べる)を社名に取り入れた会社を共同設立。アイヌ料理をアレンジした2種類の弁当を開発した。  しらおい食楽が考案した「イペピリカ弁当」(税別1200円)はユク(シカ肉)のあぶり焼き、サクイベ(焼きザケ)、サーモンずしチポロ(イクラ)のせ、ラタシケプ(カボチャの混ぜ物)など9種の料理を詰め合わせた商品。バルクマート考案の「しらおいヒンナ弁当」(同1000円)は、ギョウジャニンニク入りソーセージ、シカ肉のグリル、白老牛焼き肉・白老産アスパラ添え、いなきびご飯など11種のメニューを入れて仕上げた。  いずれもサケやシカ肉などアイヌ民族が利用した食材と白老産を意識して開発。弁当の包装紙には、ウポポイの国立アイヌ民族博物館やアイヌ文様、サケやヒグマなど野生動物のイラストを採用した。シラオイ・イペの専務に就いた堀田さんは「アイヌ料理のエッセンスと、この地の食材が一つの弁当箱の中に共生し、白老らしい弁当が出来上がった」と胸を張る。26日には町内のカフェに関係者が集まり、試食会を開いた。  シラオイ・イペは今後、さらに商品開発に挑み、ウポポイ開業に合わせてホームページで団体客やツアー会社から予約注文を受ける。取締役の杉本さんは「食を通じて白老とアイヌ文化の魅力を発信したい」と言う。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...