北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

あす八丁平に「ハイ・ミートたなか」新店舗開店【室蘭】

白を基調に大きな窓など開放的な造りが特徴のハイ・ミートたなか八丁平店

 精肉店「ハイ・ミートたなか」(田中健太代表取締役)は29日、室蘭市八丁平5に新店舗をオープンする。対面販売での小売りをメインに展開。熟成豚肉のカッティング技術などを売りに、コロッケなどの食肉総菜「ミートデリカ」も新たに扱う。白鳥台のショッピングセンター・ハック内での経営ノウハウを生かし、店舗運営を行う。

 田中社長(41)はハック内で青果店「ハイ・ベジタブルタカタ」を内池孝年氏と共同で経営。白鳥台ショッピングセンター商業協同組合の理事長を務め、昨年、商業施設内の核テナント誘致など手腕を発揮した。

 完成した新店舗は白を基調とした外壁で木造1階建て、132平方メートル。店舗は正面に大きな窓を設け開放的な造りが特徴だ。

 ハック内で培ってきたノウハウを生かし「八丁平地域を盛り上げたい。多くの皆さんにおいしい肉を届けたいと思い、2店目を考えた。今回がベストなタイミング」と判断した。

 これまでさまざまな肉を扱ってきた。加工処理やカッティング技術から生まれる肉質の良さが特徴。また、焼く、蒸す、揚げるなど、いろいろな調理が可能な加熱調理器「スチームコンベンションオーブン」を導入し、新たに揚げ物の総菜を販売する考え。

 田中社長は「ハックで生まれた好循環を新たな地域の住民と一緒に形成したい。これまで培ってきたお客さまとのつながりを大切に、八丁平でも長く商売を続けていきたい」と力を込めている。

 オープン日は「ニク(肉)の日」に合わせた。29日、3月1日の2日間は特売を行う。現在、パートとアルバイトを募集している。問い合わせは同店、電話0143・59局5014番へ。

関連記事

名寄新聞

レトルトカレー「朔北カレー」完成・名寄駐屯地とのコラボ製作【名寄】

 「AOZORA料理店」(市内大通北3)の店主、須藤民篤さん監修によるレトルトカレー「朔北(さくほく)カレー」が完成。陸上自衛隊名寄駐屯地(司令・武本康博第3普通科連隊長)とのコラボ商品で、名...

十勝毎日新聞

ワイン城再開を記念 町民用ブランデー発売【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は3月31日、ワイン城のリニューアルオープン(4月26日)記念事業の一環で、町民還元用の十勝ブランデー「Genteel(ジェンティール)V・S・O・P」(700ミ...

室蘭民報

高岡・旅良菓が室蘭をイメージしたどら焼きとクッキーを発売【室蘭】

 室蘭市海岸町の土産物店「高岡 旅良菓」が市内の観光名所をイメージしたどら焼きとクッキーを発売した。同店は「新たな特産品として定着してほしい」としている。  新商品は2種類。公益財団法人「室蘭...

苫小牧民報

苫小牧みそホルモン焼そば第2弾販売 苫総経とセブン-イレブン共同開発

 コンビニエンスストア大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)は、苫小牧総合経済高校マーケティング部と共同開発した「苫小牧みそホルモン焼そば」(税込み448円)を胆振・日高管内などの店舗で販売して...

苫小牧民報

ホッキ厚焼き玉子、28日から販売 テークアウトも-マルトマ食堂

 苫小牧市汐見町のマルトマ食堂(三浦未店長)は、ホッキ貝のだし汁と身を使った「ホッキ厚焼き玉子」を開発し、28日から同店の新メニューに登場する。店内では切った状態で提供し、テークアウト用には「マ...