北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ジュエリーアイスラベルのワイン発売【池田・豊頃】

ジュエリーアイスラベルの十勝ワインをPRする同組合の伊藤博樹事務長

 十勝池田酒販協同組合(新津雅弘理事長)は28日、ジュエリーアイスラベルの十勝ワインを発売した。商標権を有する豊頃町と、十勝ワインを製造する池田町の協力を得て実現した初めての商品。同組合を構成する6町(池田、豊頃、浦幌、本別、足寄、陸別)の酒類取扱店で264本(1本720ミリリットル)を限定販売する。

 使用する十勝ワインの銘柄は、道内産のブドウをブレンドした北海道産ビンテージ2017年産赤と18年産の白。赤は144本、白は120本をそれぞれ1本1848円で販売。

 同組合は、観光資源として全国区の知名度を誇るジュエリーアイスに目を付け、昨年6月から商品化を模索。商標権を持つ豊頃町と協議を重ね、ラベルに印刷するジュエリーアイスの画像約20種の提供を受けた。加えて十勝ワインを製造する町ブドウ・ブドウ酒研究所に相談し、北海道産ビンテージの一部をジュエリーアイスラベルとして販売する了承を得た。

 ジュエリーアイスラベルは同組合がデザイン。17、18年産ともに黒色を基調としたラベルで、赤には「見つめ合う二人に 聞こえてくる 氷のささやき」、白には「しばれる日の朝に 打ち寄せる波が造る 氷のいたずら」のフレーズと、違う画像が施してある。

 同組合の新津理事長は「ジュエリーアイスと十勝ワインを組み合わせることで魅力のある商品ができた」と話している。

 今季のジュエリーアイスの観光シーズンはすでに最終盤を迎えている中での発売となるが、同組合ではラベルの画像などのデザインを変更しながら次年度以降も販売を継続していく考え。問い合わせは同組合(015・572・2489)へ。

関連記事

名寄新聞

レトルトカレー「朔北カレー」完成・名寄駐屯地とのコラボ製作【名寄】

 「AOZORA料理店」(市内大通北3)の店主、須藤民篤さん監修によるレトルトカレー「朔北(さくほく)カレー」が完成。陸上自衛隊名寄駐屯地(司令・武本康博第3普通科連隊長)とのコラボ商品で、名...

十勝毎日新聞

ワイン城再開を記念 町民用ブランデー発売【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は3月31日、ワイン城のリニューアルオープン(4月26日)記念事業の一環で、町民還元用の十勝ブランデー「Genteel(ジェンティール)V・S・O・P」(700ミ...

室蘭民報

高岡・旅良菓が室蘭をイメージしたどら焼きとクッキーを発売【室蘭】

 室蘭市海岸町の土産物店「高岡 旅良菓」が市内の観光名所をイメージしたどら焼きとクッキーを発売した。同店は「新たな特産品として定着してほしい」としている。  新商品は2種類。公益財団法人「室蘭...

苫小牧民報

苫小牧みそホルモン焼そば第2弾販売 苫総経とセブン-イレブン共同開発

 コンビニエンスストア大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)は、苫小牧総合経済高校マーケティング部と共同開発した「苫小牧みそホルモン焼そば」(税込み448円)を胆振・日高管内などの店舗で販売して...

苫小牧民報

ホッキ厚焼き玉子、28日から販売 テークアウトも-マルトマ食堂

 苫小牧市汐見町のマルトマ食堂(三浦未店長)は、ホッキ貝のだし汁と身を使った「ホッキ厚焼き玉子」を開発し、28日から同店の新メニューに登場する。店内では切った状態で提供し、テークアウト用には「マ...