北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾【陸別】

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。

販売を開始した「しばれる町の焙煎黄耆葉茶」と日向さん

 オウギの葉で入れるお茶は、中国をはじめ国内でも「ペイチー茶」の名で飲まれている。今回の事業では葉を乾燥、焙煎(ばいせん)したものを提供。販売するにあたり、安全性などの根拠を求めるため道立オホーツク圏地域食品加工技術センター(北見市)の協力の下、機能性や成分に関する調査も実施。試作品は町内外で試飲会を行い、問い合わせも受けるなど反響が大きかったという。

 商品名は「しばれる町の焙煎黄耆葉茶(おうぎはちゃ)」。第1弾として販売した高麗人参飴のレトロ風パッケージデザインを踏襲した。オウギ本来の風味を生かした豆茶のような香ばしさとすっきりした後味が特徴。開発を担当した町地域おこし協力隊の日向優さんは「葉の焙煎時間や抽出方法にもこだわった」と話す。

 町のチャレンジプロジェクトの一つとして、薬用植物の栽培から商品開発までを行う事業は6年目で花開いた。日向さんは町産の薬用植物が認知されてきているとし、「他にもいろいろな植物を作っているので、組み合わせるなどして新しい商品化に向け挑戦したい」と力を込める。

 道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館で扱う。ティーバッグ2個入り200円。

関連記事

名寄新聞

レトルトカレー「朔北カレー」完成・名寄駐屯地とのコラボ製作【名寄】

 「AOZORA料理店」(市内大通北3)の店主、須藤民篤さん監修によるレトルトカレー「朔北(さくほく)カレー」が完成。陸上自衛隊名寄駐屯地(司令・武本康博第3普通科連隊長)とのコラボ商品で、名...

十勝毎日新聞

ワイン城再開を記念 町民用ブランデー発売【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は3月31日、ワイン城のリニューアルオープン(4月26日)記念事業の一環で、町民還元用の十勝ブランデー「Genteel(ジェンティール)V・S・O・P」(700ミ...

室蘭民報

高岡・旅良菓が室蘭をイメージしたどら焼きとクッキーを発売【室蘭】

 室蘭市海岸町の土産物店「高岡 旅良菓」が市内の観光名所をイメージしたどら焼きとクッキーを発売した。同店は「新たな特産品として定着してほしい」としている。  新商品は2種類。公益財団法人「室蘭...

苫小牧民報

苫小牧みそホルモン焼そば第2弾販売 苫総経とセブン-イレブン共同開発

 コンビニエンスストア大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)は、苫小牧総合経済高校マーケティング部と共同開発した「苫小牧みそホルモン焼そば」(税込み448円)を胆振・日高管内などの店舗で販売して...

苫小牧民報

ホッキ厚焼き玉子、28日から販売 テークアウトも-マルトマ食堂

 苫小牧市汐見町のマルトマ食堂(三浦未店長)は、ホッキ貝のだし汁と身を使った「ホッキ厚焼き玉子」を開発し、28日から同店の新メニューに登場する。店内では切った状態で提供し、テークアウト用には「マ...