北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

アクトの次亜塩素酸水、注文殺到【帯広】

 「次亜塩素酸水の注文が増えている」と説明する内海社長

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う消毒剤の品薄傾向を受けて、農業・酪農施設向けに次亜塩素酸水を製造・販売するアクト(帯広市)に、道内外から多数の注文が寄せられている。同社は今月末までに生産量を通常時の40倍にするなど、供給態勢を強化する。

 次亜塩素酸水は、塩酸か塩化ナトリウムを電気分解することで得られる水溶液。食材、機械・器具の洗浄などに活用されている。

 同社は2013年ごろから農業用を中心に次亜塩素酸水の販売を開始。新型コロナウイルスの感染が拡大したここ2週間、飲食店や一般家庭からも注文が殺到している。生産量を従来の1日0.5トンから5トンに高め、3月末には最大で20トンの生産が可能になるようにする。

 内海洋社長は「家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫の発生時やインフルエンザの流行時でも、ここまで注文が来たことはない。今後も注文に応じられる体制を整え、多くの人の希望に可能な限り応えたい」と話している。

 消毒剤をめぐっては全国各地で品薄状態が続き、盗難騒ぎに発展。十勝管内でも公立芽室病院や大樹町内の道の駅、帯広市内のスーパーなどで消毒液の容器が持ち去られるなどの事案が発生している。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...