北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

保育園児が新型コロナ感染 苫小牧6人目

 道内で新型コロナウイルスの感染者が相次ぐ中、苫小牧市内では15日、新たに10歳未満の男児の感染が確認された。市は同日、なかの保育園(元中野町2)の男子園児と発表。園児は10日に発熱が確認されたが12日に熱が下がって登園しており、市は感染拡大防止の観点から園名の公表に踏み切った。同園は16~22日に臨時休園し、園内の消毒作業などを予定している市内の感染者は6人目。

 市や道によると、園児は10日に38度の発熱があり、11日に胆振管内の医療機関を受診。12日は登園し、園で発熱がないことを確認した。

 13日に胆振管内の指定医療機関を受診し、15日に検査し陽性と判明。同医療機関に入院した。軽症で会話もできるという。保健所が感染経路や濃厚接触者を調べている。

 同園には、0~5歳児104人が在籍。市によると15日午後6時の発表時点で、当該園児以外に発熱などの症状は出ていないという。同園は民間の社会福祉法人が運営しているが、認可保育園で市が保育事業を委託している。

 臨時休園期間や園名の公表などは、市と同園が協議して決めたという。

 この日は片原雄司市民生活部長、桜田智恵美健康こども部長が市役所で記者会見。「正確な情報に基づき、冷静な行動をすることで、感染拡大を防いでほしい」と強調した上、個人を特定するような行為などの自粛を求めた。

 同園の保護者には、メールで連絡。保護者説明会は現時点で予定されていない。

 桜田部長は「在園児で体調不良があった場合は保健所、もしくは道の相談窓口に相談してほしい」とアピール。市内各園にこれまでも感染予防の徹底を求めてきたが、「いっそう強化したい」とした。

関連記事

根室新聞

移住体験住宅の利用再開【根室】

 根室市は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて4月から利用を休止していた移住体験住宅を1日から再開した。国の「緊急事態宣言」解除を受け、6月19日から申し込みの受け付けを開始しており、...

苫小牧民報

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

苫小牧民報

未利用魚、捨てるなんてもったいない 子ども食堂に無償提供へ-苫小牧漁協

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は今月、地元で水揚げされた魚を苫小牧市内の子ども食堂に、無償提供するプロジェクトをスタートさせる。市場に流通せずに捨てられる「未利用魚」を有効活用する。年間...

日高報知新聞

セーフティラリー出発【浦河】

 7月1日から10月31日まで123日間、日常の運転を通じて無事故、無違反をチームで競う浦河警察署管内(浦河、様似、えりも3町)の「セーフティラリー北海道2020」の出発式は、1日に予定されていたが、...

日高報知新聞

店で使用の家具や陶器など【様似】

【様似】6月27日に営業を終了した町大通1の喫茶店「カフェマザー」が、1日から最後のフリーマーケットを開いている。4日まで。  同店は、2011年3月にオープン。地域住民に親しまれた店で、東日本大...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス