北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「マザーズ+」、スイーツ館移転 20日プレオープン- 白老

白老町社台で20日から仮営業を始める「マザーズ+」

 鶏卵製品や菓子製造販売のマザーズ(本社白老町、川上一弘社長)は、同町社台の白老本店隣接地で建設を進めた新店舗「マザーズ+(プラス)」の仮営業を20日から始める。卵の洗浄や選別、それを原料にした菓子作りまで一連の工程を見学できる農業6次化複合施設で、店内で製造した菓子など商品を販売する。4月10日にグランドオープンを予定している。

 「マザーズ+」は木造一部鉄骨造り2階建て、延べ面積891平方メートル。鶏舎をイメージした幅13メートル、奥行き65メートルの建物で、道産材をふんだんに使用した。近くに普通車50台分と大型バス3台分の駐車場も設けた。

 店舗では、鶏卵を原料にした洋菓子や総菜などを製造販売するほか、同社の関連養鶏農場で生産した卵の洗浄、消毒、乾燥、選別、出荷までの機能も持たせる。その一連の作業風景を店内でガラス越しに見学できる設計とした。白老本店の菓子販売店「スイーツ館」を新店舗に移設させ、生卵をはじめ、人気のシュークリームやプリン、焼き菓子といったスイーツなど約20種の商品を並べる。

 店舗には最新の卵選別機を導入し、試運転の後にグランドオープン。生産から加工、販売までの流れを見てもらい、1次産業への理解を深めてもらう。

 また、白老本店の敷地3万3300平方メートル全体を「ヨコストランチ」と名付けて整備。鶏の放し飼いスペースやサッカー場、イベントスペース、海を眺められる丘などを備えた広大な芝生広場を設け、来店客に開放する。牧歌的な雰囲気を楽しんでもらうグリーンツーリズムの機能を持つ広場とする考えで、同社は「地域密着型で運営し、楽しい空間を創造していきたい」と言う。

 既存のレストラン「たまご館」は今後リニューアル。新店舗に移転後の旧スイーツ館は、同町石山の「白老和牛王国上村牧場」(上村篤正社長)が活用し、ファームレストラン「ウエムラ・ビヨンド」を6月27日に開設する予定だ。

 店内に約40席を備え、上村牧場で生産した白老牛のステーキやハンバーグといった料理を提供する。オープンに向けて、5月以降に店舗の改修工事に取り掛かる予定で、上村社長は「白老牛をよりPRしたい」と話す。

 マザーズは、白老町の北海道種鶏農場(川上一弘社長)が設立し、同町や苫小牧市、札幌市で菓子や卵を扱う店舗を運営している。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...