北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

5月着工、星野リゾート 界ポロト 21年冬のオープン目指す-白老

「星野リゾート 界ポロト」の建設予定地。5月中旬に着工する

 総合リゾート運営会社の星野リゾート(本社長野県軽井沢町)は、白老町若草町1のポロト湖畔で高級温泉宿泊施設の建設工事を5月中旬に始める。名称を「星野リゾート 界ポロト」とし、民族共生象徴空間(ウポポイ)の隣接地に整備する施設は、アイヌ文化や北海道の自然を体感できる設計を採用。2021年冬のオープンを目指す。

 「星野リゾート 界ポロト」は、同社が全国16カ所で展開する温泉旅館ブランド「界」の一施設で、建物は4階建て、延べ床面積4900平方メートル。ポロト湖沿いの敷地9960平方メートルの中央部にロビー棟や客室42室の宿泊棟、湖岸付近に宿泊客用の露天風呂付き温泉浴場施設を整備する。別棟で日帰り客用の浴場施設も設ける計画だ。

 施設について同社は「アイヌ民族の暮らしや自然観、家族観から学び、現代に合った新しい形で再現したデザイン」とし、全客室からポロト湖の四季折々の景色が眺められるように設計。ロビーは白樺林をイメージし、アイヌ民族の昔の暮らしの雰囲気を醸し出すいろりを設ける。

 モール温泉が楽しめる湖畔の浴場は、アイヌ民族の建築手法を取り入れて建てる。設計は自然を生かした建築を得意とする東京の人気建築家中村拓志氏が手掛け、「宿泊客がアイヌ文化や異なる民族との共生を体感できるよう、こだわりのおもてなしを提供する」としている。

 星野リゾートは18年6月、白老町とパートナーシップ協定を締結。今年4月のアイヌ文化復興拠点・ウポポイ開業を見据え、旧ポロト温泉跡の町有地を取得した。当初は20年度中のオープンを予定していたが、建設資材の高騰や施設配置レイアウトの見直しなどで着工が遅れ、21年度の開業へずれ込んだ。

 同社による道内の宿泊施設展開としては、上川管内占冠村の「リゾナーレトマム」、旭川市の「OMO7旭川」に続いて3件目となる。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...