北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

西陵中学校区教職員交流会で小中一貫教育目指す【登別】

9年間を通した指導の在り方などについて話し合った教職員たち=西陵中学校

 登別市の西陵中学校区で、小中学校の教職員が一堂に会した全体交流会が25日、同中学校で開かれた。校区内の児童生徒の9年間を見据えた一貫教育を目指して、学習規律の確立と定着、家庭学習の習慣化などに焦点を当て、授業改善や指導方法の工夫について話し合った。

 「地域とともにある学校づくり」のさらなる充実のため、「地域の子どもたちを9年間で育む」視点で教育活動を展開する小中一貫教育。市教委では、昨年度から同校区と登別中学校区をモデル校区に指定し、取り組みを進めており、本年度からは、その成果を検証しながら市内全中学校区での展開を目指している。

 西陵中と幌別西小がある西陵中学校区は昨年度、授業参観から日常的な指導を焦点化し、共通理解を図るため、小学校で7回、中学校で6回の授業参観交流を実施。同交流会を初めて開催し、具体的な指導の在り方などについて話し合うなど取り組みを進めている。

 同交流会には約40人が参加。教育課程、学力向上、研修、生徒指導、児童会生徒会の5グループに分かれて、授業参観の在り方や家庭学習の習慣化など各校が抱える諸課題についてざっくばらんに話し合った。

 このうち、教育課程グループでは、9年間を通した学習規律について、社会科見学の実態を例に「小学校でどこを見学したのか把握していれば、中学校に入学しても、円滑に計画を立てられる。9年間を見通した学習計画も立てられるのでは」などの意見があった。

 児童会生徒会グループでは、小中共同による子どもが主体となるような取り組みについて「校外清掃を小学校と一緒に行うことで、中学生が主体的にリーダーシップを取って取り組めるのではないか」などの声があった。

 幌別西小の柴田政人校長と西陵中の千葉光弘校長は「学校間を乗り越えて改善点を話し合えて良かった。指導の仕方や子どもの様子など連携の視点から今後も協議していきたい」と積極的に話していた。

 今後は、授業交流を実施しながら2回目の全体交流会を開催する予定という。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...