北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

西陵中学校区教職員交流会で小中一貫教育目指す【登別】

9年間を通した指導の在り方などについて話し合った教職員たち=西陵中学校

 登別市の西陵中学校区で、小中学校の教職員が一堂に会した全体交流会が25日、同中学校で開かれた。校区内の児童生徒の9年間を見据えた一貫教育を目指して、学習規律の確立と定着、家庭学習の習慣化などに焦点を当て、授業改善や指導方法の工夫について話し合った。

 「地域とともにある学校づくり」のさらなる充実のため、「地域の子どもたちを9年間で育む」視点で教育活動を展開する小中一貫教育。市教委では、昨年度から同校区と登別中学校区をモデル校区に指定し、取り組みを進めており、本年度からは、その成果を検証しながら市内全中学校区での展開を目指している。

 西陵中と幌別西小がある西陵中学校区は昨年度、授業参観から日常的な指導を焦点化し、共通理解を図るため、小学校で7回、中学校で6回の授業参観交流を実施。同交流会を初めて開催し、具体的な指導の在り方などについて話し合うなど取り組みを進めている。

 同交流会には約40人が参加。教育課程、学力向上、研修、生徒指導、児童会生徒会の5グループに分かれて、授業参観の在り方や家庭学習の習慣化など各校が抱える諸課題についてざっくばらんに話し合った。

 このうち、教育課程グループでは、9年間を通した学習規律について、社会科見学の実態を例に「小学校でどこを見学したのか把握していれば、中学校に入学しても、円滑に計画を立てられる。9年間を見通した学習計画も立てられるのでは」などの意見があった。

 児童会生徒会グループでは、小中共同による子どもが主体となるような取り組みについて「校外清掃を小学校と一緒に行うことで、中学生が主体的にリーダーシップを取って取り組めるのではないか」などの声があった。

 幌別西小の柴田政人校長と西陵中の千葉光弘校長は「学校間を乗り越えて改善点を話し合えて良かった。指導の仕方や子どもの様子など連携の視点から今後も協議していきたい」と積極的に話していた。

 今後は、授業交流を実施しながら2回目の全体交流会を開催する予定という。

関連記事

苫小牧民報

日高自動車道 門別―厚賀IC、あす開通

 高規格道路・日高自動車道の日高門別インターチェンジ(IC)―日高厚賀IC区間(片側1車線、142キロ、通行無料)=日高町=が21日午後4時に開通する。日高道を使った同区間の車での移動は、従来の国...

根室新聞

北方領土遺産リスト集発行 3年間の発掘事業まとめる【根室】

 根室振興局は、戦後70年の平成27年から取り組み、3月末で終了した北方領土遺産発掘・継承事業を「北方領土遺産リスト集」として一冊にまとめ、200部を管内の教育機関や図書館等に配布する。一般向けには20...

根室新聞

最新の"フリーストール型搾乳ロボット牛舎"が完成【根室】

 市内湖南の㈱田中牧場(田中照義代表取締役)が建設を進めていた大型牛舎が竣工し、19日に見学会が行われた。最新設備を導入したフリーストール型搾乳ロボット牛舎で、省力化と飼養管理の強化を図って規模...

日高報知新聞

ピュアマルシェ閉店

【新ひだか】静内御幸町2の町有施設「ピュア」1階で平成28年9月から営業していた食品スーパー「ピュアマルシェ」と軽食・喫茶店「ピュアカフェ」が5月2日で閉店することが分かった。後継店舗は決まっておら...

日高報知新聞

牡の子馬誕生 額に白斑(はくはん)

【新ひだか】全国で唯一サラブレッドの繁殖から育成までを授業に取り入れている静内田原の静内農業高(大関俊郎校長)で4日夜、牡の子馬が誕生した。  畜産系の生産科学科がある同校は、年1頭の割合でサラ...