北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新酒「あびら川」販売中 フルーティーな香りや甘みが特徴-安平

新酒の「あびら川」をアピールする田村代表

 安平町の地元農家でつくる「あびら地酒生産プロジェクト」はこのほど、安平産の酒米「彗星」で造った日本酒「純米大吟醸 あびら川」の新酒を完成させ、15日から販売を開始している。道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」をはじめ町内の小売店、物産館などで取り扱っている。

 あびら川は、昨年4月に開業した道の駅に合わせて、地元の農産物を活用して特産品を作ろうと、町早来新栄地区の稲作農家3人が2017年から取り組みをスタート。翌年から二世古酒造(後志管内倶知安町)に委託して製造している。関係者によると、フルーティーな香りや甘みがあり、女性にも人気の一品。3年目となった今回は米の品質が良く、「さらに芳醇(ほうじゅん)な香りが出ている」と言う。

 販売数量は720ミリリットル換算で2000本で、価格は生原酒720ミリリットル3500円、1.8リットル6700円、火入れをした原酒720ミリリットル3300円(いずれも税込み)など。当初14日にお披露目会を予定していたが、新型コロナウイルスの影響を考慮し、中止とした。

 同プロジェクトの田村興文代表は「コロナウイルスの影響で世の中が疲弊しているが、おいしいお酒を飲んでもらい、本物の生を味わってくれたらうれしい」と話していた。

関連記事

名寄新聞

レトルトカレー「朔北カレー」完成・名寄駐屯地とのコラボ製作【名寄】

 「AOZORA料理店」(市内大通北3)の店主、須藤民篤さん監修によるレトルトカレー「朔北(さくほく)カレー」が完成。陸上自衛隊名寄駐屯地(司令・武本康博第3普通科連隊長)とのコラボ商品で、名...

十勝毎日新聞

ワイン城再開を記念 町民用ブランデー発売【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は3月31日、ワイン城のリニューアルオープン(4月26日)記念事業の一環で、町民還元用の十勝ブランデー「Genteel(ジェンティール)V・S・O・P」(700ミ...

室蘭民報

高岡・旅良菓が室蘭をイメージしたどら焼きとクッキーを発売【室蘭】

 室蘭市海岸町の土産物店「高岡 旅良菓」が市内の観光名所をイメージしたどら焼きとクッキーを発売した。同店は「新たな特産品として定着してほしい」としている。  新商品は2種類。公益財団法人「室蘭...

苫小牧民報

苫小牧みそホルモン焼そば第2弾販売 苫総経とセブン-イレブン共同開発

 コンビニエンスストア大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)は、苫小牧総合経済高校マーケティング部と共同開発した「苫小牧みそホルモン焼そば」(税込み448円)を胆振・日高管内などの店舗で販売して...

苫小牧民報

ホッキ厚焼き玉子、28日から販売 テークアウトも-マルトマ食堂

 苫小牧市汐見町のマルトマ食堂(三浦未店長)は、ホッキ貝のだし汁と身を使った「ホッキ厚焼き玉子」を開発し、28日から同店の新メニューに登場する。店内では切った状態で提供し、テークアウト用には「マ...