北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ミニトマト収穫始まる バイオガス余剰熱利用【鹿追】

赤く色づいたミニトマトを収穫する石井さん

 鹿追町瓜幕バイオガスプラントに併設する野菜ハウスで、ミニトマトの収穫が始まった。2016年に稼働した同プラントの余剰熱活用のため、18年から野菜の水耕栽培を行っている。鉄骨造り757平方メートルのビニールハウス内には、8レーンの高床式栽培ベッドを装備。暖房は余剰熱、採光は自然光とLEDなどエコで省エネルギーの施設となっている。

 ハウス内では昨年11月に定植した9種類のミニトマト400本が赤く色づき、収穫期を迎えた。道の駅しかおいやAコープ鹿追店で販売している。新型コロナウイルスに伴う臨時休校が解除された後は、学校給食でも提供する予定。

 今後は小松菜や水菜を栽培する他、野菜パウダーの試作やふるさと納税の返礼品としての活用も検討している。管理する地域おこし協力隊員の石井裕美さん(36)は「有機液肥を利用しているので、日々の管理から目が離せません。今の時期しっかりしたトマトの味を味わってもらいたい」と話す。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...