北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト【十勝】

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で販売を開始した。

完成したパスタや試作中の総菜パンなどをPRするメンバー。右から三浦代表、杉山社長、菊地社長、アグリシステムの伊藤英拓社長、ばんえい十勝の徳田奈穂子広報担当

 プロジェクトは、ばん馬から出る厩肥(きゅうひ)でマッシュルームを栽培し、マッシュルーム収穫後の培地を小麦の栽培に活用するシステム。三浦農場(音更町)や鎌田きのこ(帯広市)、アグリシステム(芽室町)、ばんえい十勝、満寿屋商店で構成。活動を広く知ってもらおうと、適時商品開発を進めているが、日持ちする商品の開発は初めて。

 パスタは乾麺。清水旭山学園(清水町)で微粉末にした鎌田きのこのブラウンマッシュルームを、三浦農場で栽培する小麦「キタノカオリ」生地に練り込んだ。製造はフタバ製麺(留萌市)に委託。三浦代表は「もちもち食感で、茶色がかった色み。香りも楽しめる」と説明する。1袋(400グラム入り)959円。

 23日午前10時から、帯広市内の満寿屋商店麦音で記者会見が行われ、5事業者の代表らが製品をPR。鎌田きのこの菊地博社長は「無農薬、化学肥料不使用栽培のマッシュ。地産地消で広がってほしい」と力説。満寿屋商店の杉山雅則社長は、現在、うまいっしゅパスタを使い試作中の総菜パンを披露しながら「日持ちする商品を-と昨年8月から商品化を進めた。今後は自社だけでなく、販路も拡大したい」と話した。

 同協議会は2017年の発足以来、パンや袋焼きそば、ラーメンを商品化している。

関連記事

名寄新聞

レトルトカレー「朔北カレー」完成・名寄駐屯地とのコラボ製作【名寄】

 「AOZORA料理店」(市内大通北3)の店主、須藤民篤さん監修によるレトルトカレー「朔北(さくほく)カレー」が完成。陸上自衛隊名寄駐屯地(司令・武本康博第3普通科連隊長)とのコラボ商品で、名...

十勝毎日新聞

ワイン城再開を記念 町民用ブランデー発売【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は3月31日、ワイン城のリニューアルオープン(4月26日)記念事業の一環で、町民還元用の十勝ブランデー「Genteel(ジェンティール)V・S・O・P」(700ミ...

室蘭民報

高岡・旅良菓が室蘭をイメージしたどら焼きとクッキーを発売【室蘭】

 室蘭市海岸町の土産物店「高岡 旅良菓」が市内の観光名所をイメージしたどら焼きとクッキーを発売した。同店は「新たな特産品として定着してほしい」としている。  新商品は2種類。公益財団法人「室蘭...

苫小牧民報

苫小牧みそホルモン焼そば第2弾販売 苫総経とセブン-イレブン共同開発

 コンビニエンスストア大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)は、苫小牧総合経済高校マーケティング部と共同開発した「苫小牧みそホルモン焼そば」(税込み448円)を胆振・日高管内などの店舗で販売して...

苫小牧民報

ホッキ厚焼き玉子、28日から販売 テークアウトも-マルトマ食堂

 苫小牧市汐見町のマルトマ食堂(三浦未店長)は、ホッキ貝のだし汁と身を使った「ホッキ厚焼き玉子」を開発し、28日から同店の新メニューに登場する。店内では切った状態で提供し、テークアウト用には「マ...