北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

希望の春、「ウポポイ」オープンまで1カ月【白老】

オープンまで1カ月に迫ったウポポイ。中央は国立アイヌ民族博物館

4月1日のオープンを待つインフォメーションセンター

 白老町の民族共生象徴空間・ウポポイのオープン(4月24日)まで1カ月。運営に当たるアイヌ民族文化財団の準備も大詰めだ。東京以北初の国立博物館の誕生に、地元・白老や関係者の期待が膨らむ。

 施設周辺は雪解けも進み、各施設の様子・外観からオープン間近を感じられるようになってきた。ポロト湖周辺は、オープンを待ちわびる自然と施設の調和も見え始めている。新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念される中、予定通りの4月24日のオープンに向けて準備が進んでいる。

 同財団民族共生象徴空間運営本部の村木美幸副本部長は「新しい職員が多い中で、スタッフは意欲的に準備に取り組んできた。着々と準備は進んでいる。みなさんにアイヌ文化を理解していただくいい活動ができそうです。(コロナの影響で)人の動きに不安定な材料はあるが、今は施設オープンの期待の方が大きい」と胸を張る。

 戸田安彦町長は「周辺環境整備も整い、ついにここまで来たか-と実感している。国や道、アイヌ関係団体のみなさまにはウポポイ開設に向けてご尽力いただき、感謝している。開設後は全国のアイヌの人たちの文化復興の拠点として多くの人が訪れ、満足する施設になると期待している。ウポポイ開設を地域活性化へつなげる起爆剤とし、アイヌ文化の誇るべき価値や魅力を発信するなど、関係機関と連携・協力しながら取り組みを進めたい」と力が入る。  

 核施設の国立アイヌ民族博物館は3階建て、延べ床面積は8600平方メートル。500~600人を収容する体験交流ホールは2階建て、延べ床面積は1650平方メートル。古式舞踊などを披露するステージ背面窓からはポロト湖を望める。修学旅行などの団体客を対象にした体験学習館は平屋建ての947平方メートル。ムックリ制作、刺しゅう体験などを行う。国立民族共生公園内にはこのほか、チセ(伝統的家屋)5棟もある。

 ウポポイオープンに向けては、JR白老駅周辺関連施設の供用が始まっており、14日から特急北斗の停車、跨線橋(こせんきょう)となる自由通路の利用がスタートしている。

 駅北の観光インフォメーションセンターの観光案内所は4月1日のオープンが予定されている。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...