北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

雪だるまで町おこし 元早来雪だるま郵便局局長・真保さん訃報に悼む声

全国発送25周年記念の雪ダルマを抱えて笑顔の在りし日の真保さん(2010年11月、早来雪だるま郵便局)

 安平町早来の雪だるまによる地域おこしの発案者で、元早来雪だるま郵便局局長の真保生紀さんが21日に肝臓がんのため、76歳で亡くなった。雪だるまを国内外に発送するユニークな活動を通じて「早来雪ダルマ」を地域の特産品へと育てた故人をしのび、地元の関係者から追悼する声が広がっている。

 真保さんは以前、東京に勤務した経緯があり、雪を見たことがない人に「見せてあげたい」「触らせてあげたい」との発想から雪だるまの全国発送を考案。1986年に、雪だるまの形の発泡スチロールに地元の雪を詰めて全国発送する試みをスタートさせると、徐々にエリアを広げた。

 次男の郵生さん(42)は「地球上で日本の真裏に当たるブラジルに届いたら、親父の中で成功という思いがあったようだ」と言う。2008年と19年には町と連携したプロジェクトでブラジルのサンパウロ市へ巨大雪だるまを贈っている。

 その一方で、2年ほど前から体調不良で入退院を繰り返していて、19年のサンパウロ行きは断念。今月21日に帰らぬ人となった。郵生さんは「本人はまだやれると思っていたかもしれないけれど、僕らからしたら十分やれるだけのことはやったと思う」とねぎらった。

 早来雪だるま郵便局の現局長、三本末紀さん(52)は「10日前に寝ている状態が続いているとは聞いていた。まさかこんなに早く連絡があるとは思っていなかった」と戸惑いを隠さない。入局当時から10年以上にわたり指導を受け、真保さんが退職後も、顔を合わせない日はないほどだった。「今やらないでいつやる、俺がやらずに誰がやる―と行動力満点の方だった」と振り返る。雪だるまの発送は胆振東部地震で冷凍機が破損するなどして中断しているが、「真保さんが生み出した地域の特産品を、その名に恥じぬよう思いを受け継いでいけたら」と話した。

 及川秀一郎町長は22日の朝に訃報を聞き、同日自宅を弔問した。「常日頃から場を和ませたり、人を楽しませたりするサービス精神旺盛な方だった。安平町の発展を願って、雪だるまを通じて情報を発信してくれた」と感謝する。雪だるまは同町のカントリーサインで、道民のブラジル移住100周年に合わせての現地訪問など「真保さんなしには実現しなかった」と言い、「雪だるまをキーワードにしたまちづくりを受け継いでいかなければ。町としても努力していきたい」と思いを語った。

 真保さんの通夜は24日午後6時から、告別式は25日午前10時から、いずれも早来町民センターで行われる。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...