北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ウポポイ開業まで1カ月 準備大詰め、コロナ影響懸念も「予定通り」

工房で着物を手作りする財団職員

 4月24日のアイヌ文化復興拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)=白老町若草町2=開業が1カ月後に迫る中、管理、運営を担うアイヌ民族文化財団による準備作業が大詰めを迎えている。新型コロナウイルスの感染拡大の影響が懸念されているが、同財団は「開業日を変更する情報はなく、予定通り準備を進める」と強調。アイヌの伝統文化を伝える体験プログラムの最終チェックなどに追われている。

 同財団の職員ら約100人は2月1日付で、旧社台小=同町社台=に設けていた開業準備室からウポポイ内に移り、開業に向けた作業を本格化させている。

 職員のうち約50人を運営本部の文化振興部に配属。ウポポイで展示する資料や体験プログラムを準備している。体験交流ホール、工房などの施設を実際に使って最終チェック。アイヌ民族博物館には資料1万点を搬入し、うち約700点を選んで展示するという。

 体験プログラムは、ユネスコ無形文化遺産に登録されたアイヌ古式舞踊、ムックリやトンコリなど伝承楽器の演奏、アイヌ刺しゅうや木彫の製作など幅広い。舞踊を実際に披露する体験交流ホールで練習したり、使用する着物を手作りするなど、準備作業は最終段階に入った。

 同財団の西條林哉誘客広報課長は「舞踊グループは客が入っていることを想定しながら、動線や進行などを確認している。開業に向け午前中は着物作り、午後は研修を重ねている」と言う。

 同財団では札幌事務所に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染し、当該職員が白老との間を行き来していたこともあり、9~11日に札幌、白老の両事務所を閉鎖して職員全員を自宅待機にした経緯がある。最終段階で思わぬタイムロスが生じたが、西條課長は「準備スケジュールに影響はない。魅力あるプログラムを構築するため準備を進める」と話した。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...