北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

市民有志が市体育館存続の署名1万6千人分を提出【室蘭】

青山市長に署名簿を手渡す市民有志の代表ら

 市体育館(宮の森町)を2022年度(令和4年度)、入江地区に移転する室蘭市の計画について、蘭東地区での体育施設存続を求め活動している市民の有志は24日、市役所で青山剛市長に、登別、伊達両市分を合わせた約1万6千人分の署名を手渡した。

 市体育館は老朽化が進み耐震性がないため、市は入江運動公園内に移転、新築する方針。当初は現地建て替えを検討したが、より有利な国の補助金を活用できる見通しから移転へ転換した。

 来庁したのは、発起人の安藤宏さん(40)=八丁平=ら有志4人。安藤さんは「体育館を残したい思いで活動を始めたが、さまざまな理由があって現地建て替えは難しいことは分かっている」と一定の理解を示した。その上で「移転を知らない人は多く、署名活動で初めて知ったという声が圧倒的だった。移転については市民に伝わる形で説明してほしい」と強く求めた。

 体育館の移転計画は、スポーツ施設全体の再編計画の中で説明してきた青山市長だが、「分かりにくい部分があった」と反省の姿勢を示した。今後に向けては「多くの声を受け止め、すべての市民に見える形で広報紙やホームページなどで周知する。さらに詳しくという声があれば対応し、不安や不明な点を解消していきたい」と答え、広報5月号紙上での周知を約束した。ただ説明会の開催には、新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることも念頭に最後まで具体的な明言は避けた。

 署名提出後の意見交換は実に2時間20分に及んだ。同席した子育て中の母親らは「市の財政事情や移転の経過を分かりやすく説明すれば理解してくれる市民は多いと思う」と理解を示しながらも、入江地区に移転した場合は人口の6割が集中する蘭東地区の子どもたちが利用しやすい交通手段の確保や工夫を繰り返し求めた。

 市長は「まだ具体に示すことはできないが蘭東・蘭西を問わず利用しやすい方策を考えている」と答え、「市民にまち全体を楽しんでもらえるよう、魅力ある体育館をつくっていきたい」と理解を求めた。

 有志は蘭東地区にある小、中学校の保護者らで発足。開会中の第1回市議会定例会で建設費を盛り込んだ20年度予算案が可決されると着工へ動きだすため、1月20日から署名活動を展開していた。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...