北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

明日5回生の2人がプレゼン全国サミット参加へ【登別】

登別への“未知の駅”構想でサミットに臨む宮川さん(左)と中川さん

 登別明日中等教育学校の5回生(高校2年生相当)でともに17歳の宮川韻さんと中川紅杏さんが、27~29日に行われる高校生のプレゼンイベント・マイプロジェクトアワード2019全国Summitに参加する。東京都内で開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響でオンライン開催に変更。2人は「登別の魅力を全国に発信したい」と意気込み十分だ。

 マイプロジェクト実行委員会の主催。北海道など各エリアごとに行われた地域Summitの出場者などの中から、本選となる全国Summitへ招待される。宮川さん、中川さんは地域Summitで落選したものの、今年1月に参加したオンラインSummitでは高評価を獲得。授業や探求活動などをきっかけとした取り組みを対象とする学校部門で全国切符を手にした。

 2人のテーマは「“未知の駅”をつくる」。国内外の観光客や地域住民が、登別にはない道の駅に集うことで、双方の交流推進により未知の世界が広がることを指摘。日本一の“未知の駅”を目指すアイデアだ。

 文部科学省の「地域との協働による高校教育改革推進事業」に指定されている同校は、地域の課題解決を図るグローカル(グローバル+ローカル)型の取り組みを進めてきた。2人も授業の一環として、登別に道の駅(未知の駅)を造る構想を模索。校内の生徒、先生にアンケートを行ったほか、近隣の道の駅に出向いて施設スタッフに聞き取りするフィールドワークも行った。

 2人の取り組みをベースとして、登別市制施行50周年記念事業の一環である道の駅が、7月末に市内で開設される。2日間の限定だが、地元名物の販売に加えて、登別閻魔(えんま)やきそばでおなじみのピリ辛だれを用いたオリジナルカレーの販売も計画しているという。

 全国Summitは当初、東京都内で行われる予定だったが、オンライン開催に変更。このため、10分半の持ち時間でプレゼンする動画をまとめて、26日までに提出するという。宮川さんは「動画は声を大きく、表情を豊かにしないと伝わりづらい。サミットを通じて登別の魅力を伝えたい」、中川さんは「通常の発表とは異なり緊張もあるが、登別に来てみたいと思ってもらえる発表にしたい」と意欲十分だ。

関連記事

室蘭民報

ロングラン花火大会開幕 復活の大輪【洞爺湖】

 第39回洞爺湖ロングラン花火大会(洞爺湖温泉観光協会主催)が1日夜、同温泉湖畔で開幕した。20分間、約450発の光のショーが新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越え、まるで温泉街の復活を象徴す...

室蘭民報

ドライブインシアター構想浮上 時代村での開催を計画【登別】

「3密なし」市民有志が構想  新型コロナウイルスの感染リスクなどに気兼ねせず、車に乗ったまま映画が楽しめるドライブインシアター構想が、登別市内で浮上している。市内で例年行われている大規模なイベン...

室蘭民報

産業まつりオンライン開催 画面越しにぎわう【洞爺湖】

ライブや抽選会…  新型コロナウイルス感染症の影響で、オンライン開催を初めて試みた洞爺産業まつりが28日、開催された。動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」でライブなどを配信。無料通信...

室蘭民報

市民コーナー活用を 歴史文化ミュージアム【伊達】

コレクション第4弾「コカ・コーラ」展  だて歴史文化ミュージアム(伊達市梅本町)は、1階にある「市民コレクションコーナー」の活用を市民に呼び掛けている。「皆さんと面白い展示ができれば」とPRして...

室蘭民報

産業まつり、オンライン開催へ 来月28日予定【洞爺湖】

アプリで野菜まき、即売会…  新型コロナウイルス感染拡大の影響で各種イベントが中止となる中、洞爺湖町の夏の一大イベント「洞爺産業まつり」をオンラインで開催する準備が進められている。関係者が知恵...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス