北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

馬券販売 最高310億円 ネット押し上げ27%増 ばんえい【帯広】

無観客で行われた最終日のレース(ばんえい十勝提供)

 帯広市が主催するばんえい競馬は24日、2019年度の全日程(151日間)を終えた。今年度の馬券発売額は前年度比27.3%増の310億8567万8100円で、単独開催になった07年度以降で過去最高を記録した。終盤は新型コロナウイルスの影響で無観客レースを余儀なくされたが、8割以上を占めるインターネット発売が好調に推移し、全体を押し上げた。帯広競馬場の入場者数も3.2%増の29万8624人で過去最高だった。

 馬券発売額は12年度から右肩上がりで推移。1日平均の発売額は2億586万円だった。発売額が4億円を超える日もあった。

 ネット発売は35.5%増の264億4784万円で全体の85.1%。発売額、割合とも前年を大きく上回った。

 帯広競馬場は4.7%減の12億8630万円、8カ所の直営場外は4.8%減の18億659万円。広域発売は6.8%減の15億4493万円だった。いずれも無観客が響いた。

 無観客で実施した2月29日以降の14日間は、帯広競馬場と直営場外の発売額はゼロ。ネットがカバーし前年を上回ったが、全体の増加率は13.1%と鈍化した。

 今年度はホクショウマサルの連勝記録や新騎手誕生、帯広競馬場が聖火リレーの開催地に選ばれるなど知名度が向上、全体の売り上げも伸びたとみられる。

 佐藤徹也ばんえい振興室長は「想定を上回る発売額。ホクショウマサルの活躍などで全国的な注目を集めた」と話している。

 来年度の開幕は4月24日に予定しているが現時点で、観客を入れてレースを開催できるかは未定。市は4月12日の能力検査で、競馬場を開放できないか検討している。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...