北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

白樺野球部、練習を再開 気持ち切り替え「夏へ」【芽室】

ランニングをするナイン(白樺学園提供)

 第92回選抜高校野球大会(センバツ)に出場予定だった白樺学園が24日、同校グラウンドで練習を再開した。コロナウイルス感染拡大のため11日に選抜大会が中止決定し、選手は寮生ら全員が12日から自宅で自主練習をしてきた。約2週間ぶりに33人の全部員が集合。業天汰成主将(2年)は「目標はあくまで夏の甲子園出場。チーム全体が前を向いていかないといけない。副主将の宮浦(柚基=2年)、奥村(柊斗=同)と一緒に引っ張っていきたい」と部員を代表して決意の言葉を述べた。

 この日は午前に大阪などから戻ってきた甲子園用の道具類を仕分けし、倉庫に後片付け。午後0時半から練習を開始した。朝方に積もっていた雪はほぼ解け、再開初日は宮崎キャンプ(宮崎市・2月18~25日)以来の土のグラウンドでの練習となった。

 グラウンドには、甲子園入り直前の合宿予定地だった徳島県阿南市から贈られ、同合宿中に掲げられるはずだった「がんばれ!」の横断幕も。ウオーミングアップ、キャッチボール、約20分間にわたる投手陣の守備練習などに続き、2班に分かれて打撃、トレーニングを40分交代で行い、約2時間半にわたって汗を流した。

 エース片山楽生(2年)は「複雑な心境でありながらも全員で顔を合わせ練習ができたことに対し、普通に野球ができるありがたみを感じた」と話した。戸出直樹監督も「久しぶりに全員の顔を見た。チームとして夏の甲子園に向けて気持ちを切り替え、前向きに頑張ろうとコミュニケーションを取った」と振り返った。

 同じく選抜大会に出場予定だった帯農は、まだ選手各自が自宅での自主練習をするにとどまっており、他の道立校同様、全体練習ができていない状況だ。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...