北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

元日ハム戦士池田さん 足寄高野球部監督に【足寄】

十勝の野球発展にも寄与したい」と話す池田さん

 元プロ野球選手で足寄町教委に勤務する池田剛基さん(35)が新年度、足寄高校野球部の監督に就任する。十勝管内の高校野球部で元プロ野球選手が監督となるのは初めて。池田さんは「プロの経験を選手らに伝えるのはもちろん、十勝の野球の発展にも寄与したい」と意気込んでいる。

 池田さんは札幌市出身。胆振管内の鵡川高校を卒業後、2003年に北海道日本ハムファイターズに内野手として入団した。06年に引退後、日ハムのベースボールアカデミーでコーチを務め、子どもたちに野球を指導。高校野球を指導できる資格の回復制度を利用した後、足寄町と球団が17年に結んだパートナー協定に基づき、18年度から町教委の任期付き職員に。同年から足寄高校野球部で外部コーチを務めた。

 同校野球部の監督が今春転任するのを機に、池田さんが4月1日付(予定)で監督に就く。池田さんは監督1年生で学びの機会も多いとし、「いろいろなことを教えてもらい、自分の知っていることは惜しみなく還元していく」と話す。部員たち(現在は1、2年生合わせて10人)には「3年間を全うすることで、社会で通用する何かを得てほしい」という。

 鵡川高野球部時代の恩師である佐藤茂富元監督(故人)からは、過去に「あまり細かく教えすぎず、大きく育てて可能性を引き出すように」と指導のアドバイスを受けたという。生徒と真剣に向き合う佐藤元監督の指導スタイルを胸に、池田さんは「自分と関わった選手に『あの人と野球をやってよかった』と思ってもらえるようやっていきたい」としている。

 藤代和昭教育長は「経験とノウハウを存分に生かし、足寄高校の振興はもとより、町民に元気や明るさ、希望を与えてほしい」と期待を寄せる。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...